大切な猫が死去したら…『葬儀社・火葬業者』選びで気をつけたい5つのこと

大切な猫が死去したら…『葬儀社・火葬業者』選びで気をつけたい5つのこと

大切な大切な愛猫がその猫生を全うした時、どのような葬儀社、火葬業者にお願いすれば良いのでしょうか?適当に安いところで…と選んでしまうと、後々トラブルになるかもしれません。どのような点に気をつけて選べば良いのかを、まとめてみました。

627view

1.ホームページの充実具合

ホームページをチェックする猫

まず、検討している葬儀社や火葬業者のホームページからチェックしましょう。その内容の充実具合で、信用できるところかどうかがある程度分かります。本当に利用者の立場に立って運営しているところなら、情報提供を惜しまないでしょう。

料金や所在地、運営者、葬儀プラン、お問い合わせはもちろん、利用者の声やQ&A、運営者の想いが掲載されていると尚良しです。じっくりと読んでどんな業者なのかを知るようにしてください。

もちろん1つだけでなく複数社のホームページをチェックし、一番しっくりくるところを選ぶと良いでしょう。

2.お客様対応

電話をかける子猫

続いてチェックしたいのが「お客様対応」です。電話やメールなどで問い合わせた際、どのような対応をするかで信用できるかどうかが分かります。

迅速に丁寧に応えてくれるようなら安心です。もちろん相性がありますので、飼い主さんが「ここなら!」と思うところを選んでください。

3.本物の口コミをチェックする

口コミチェック中

業者が自ら掲載している口コミを素直に全部信じてしまうのはオススメしません。いくらでも良く書くことができるからです。第三者が運営する口コミも合わせて参考にすると良いでしょう。

もちろん、業者が掲載している口コミが全て嘘、というわけではありません。様々な口コミを見て総合的に判断するのがベストです。

4.設備や施設の確認

教会にいる猫

設備や施設の紹介がきちんとされているかどうかも、チェックした方が良いポイントです。例えば火葬するための設備が古いから載せていないというのは少し問題があります。古くても火葬には問題がない場合が多いですが、それを隠す方針の業者では後々トラブルとなる可能性があるからです。

また愛猫を納めるペット霊園や納骨堂は業者の所有物件なのかそれとも賃貸なのかもしっかりと確認しておきましょう。賃貸の場合はオーナー側の判断により、途中で出ていかなければいけない事態になることもあります。後々困ったことにならにようにしておきましょう。

5.実績件数

青空と猫

実績件数も一つの判断材料になります。件数が多ければそれだけ経験値が高く、信頼できる可能性が高いです。ただ件数が全てではありません。

高額で質を大切にしている業者であれば、そこまで実績は多くないかもしれません。あくまでも一つの目安として、判断材料に加えてみてください。

まとめ

黄昏と猫

大切な愛猫を見送る、大切な時。その時間をどの業者に委ねるかでお別れの質が全く異なってくるでしょう。大切な時をつつがなく過ごせるように、業者選びは慎重に行いましょう。ある程度前もって決めておくと、いざという時慌てずに済みます。

人情的にはあまり考えたくないことですが、大切な愛猫との最後の時をトラブルなく過ごせるよう、必要なことでもあります。ご紹介したチェックポイントが参考となり、ぴったりの業者と出会えますように。

スポンサーリンク