猫の爪が布に引っかかるのはなぜ?理由と対策

猫の爪が布に引っかかるのはなぜ?理由と対策

猫を抱っこしたときに爪が洋服に引っかかったり、ソファやカーテンなどの布製品に爪が引っかかり、穴が開いてしまったという経験はありませんか?猫を飼っていると、猫の「爪」に悩まされる飼い主さんも多いでしょう。それではなぜ、猫の爪は布に引っかかるのでしょうか?理由と対策についてご紹介します。

329view

猫の爪が布に引っかかる理由

理由1.鋭いから

横たわる猫

猫が爪を研ぐ姿は、毎日見かける光景ですよね。 ハンターである猫にとって爪は、獲物を捕まえるため、自分の身を守るための大切な体の一部。爪を研いで表面の古い爪を剥がし、鋭い爪を維持しています。

猫が爪を研ぐのは、猫の古来からの習性であり、狩りのためだけではなく、縄張りのためのマーキングのため、気持ちを落ち着かせるためという理由もあります。

猫が爪を切られるのを嫌がるのは、必死でお手入れをして鋭くした爪を「切られてたまるか!」という気持ちなのでしょうね。

理由2.伸びているから

前足のドアップ

爪が布に引っかかるのは、「伸びている」という理由があります。

猫の爪は弓のようにカーブしており、布に引っかかりやすいのです。切ろうとしても、なかなか切らせてくれない猫も多いでしょう。

猫は身動きができない状態を嫌う動物。体を拘束されるお手入れを嫌がります。伸びたままの爪では、布に引っかかってしまうのも当然かもしれません。

理由3.フミフミするから

毛布に乗る猫

猫は柔らかい場所が大好き。布や毛布でフミフミする姿を見かけることがありますよね。

我が家の猫は、私が柔らかいセーターやフリースを着ていると、お腹に乗ってきて、フミフミします。 しかし、爪が引っかかり穴が開いてしまい、困ったこともあります。

猫のフミフミは、子猫が母猫のお乳の出を良くするためで、猫が甘えたい気分のときについやってしまう行為なのです。

対策は?

前足を持つ手

猫の爪が布に引っかかってしまう場合、とにかく「爪を切る」に尽きます。嫌がる猫が多いですが、定期的に爪を切ることで、布への引っかかりを軽減できます。

爪を切るときは、とにかく手早く済ませ、爪切りだと猫に意識をさせないようにするのがポイント。

また、全部の爪を一気に切ろうとはせず、2、3本切ることができれば良しとして、「爪切り=嫌な行為である」と猫のトラウマにならないようにしてあげましょうね。

最近では、爪がひっかかりにく素材のカーテンやカーペットも売られています。上手に取り入れて、猫も飼い主さんも快適に過ごしましょう。

まとめ

ソファを引っ掻く猫

いかがでしたか? 猫の爪はとても鋭いうえに、なかなか切らせてくれない…と飼い主さんにとっては、悩ましい問題でしょう。

爪が布に引っかかってしまうと、暴れて折れてしまうこともあります。その後生えてこなくなってしまうこともあるため、飼い主さんが気を配ってあげる必要があります。特に老猫は、自分で爪とぎをしなくなり、巻き爪になってしまうことも…。

猫の健康のためにも、飼い主さんは爪が伸びすぎていないか、定期的にチェックしてあげましょうね。

スポンサーリンク