猫がパニックをおこしてしまう原因3つ

猫がパニックをおこしてしまう原因3つ

猫が突然、パニックに陥る…。そんな光景を見たことがあるかもしれません。猛ダッシュで家の中を走り出したり、部屋の隅に隠れてしまったり、時には飼い主さんを攻撃することも...。飼い主さんからしてみれば、驚きと同時に心配になりますよね。猫がパニックをおこしてしまうのは、いったいどんなときなのでしょうか?今回はその原因についてまとめてみました。

1304view

1.大きな音

驚く猫

猫は、人間とは比べ物にならないほどの優れた聴覚を持っています。そのため、音にはとても敏感です。

雷や花火など人間にとっては聞き慣れた音でも、猫にとっては予期せぬ騒音。「いったい何が起きたのか」と恐怖心を抱きます。

そしてそれがトラウマとなり、また同じ音を聞いたときにパニックをおこしてしまうのです。猛ダッシュで逃げ出す、もしくは隠れるなどの行動が見られます。

怖がってパニックをおこしているときは、できるだけ音から遠ざけてあげることが大切。猫が避難できるような場所を確保してあげると良いでしょう。

2.突然の来客

ソファの下に隠れる猫

猫は警戒心が強く、常に周りを気にしているため、突然の来客など見知らぬ人間が自分の縄張りに入ってくることをとても警戒します。

インターホンの音が鳴ると逃げ出すという猫も多いでしょう。これは「インターホンが鳴る=見知らぬ人間が入ってくる」と認識しているためです。

臆病な猫ほど、来客を嫌がる傾向にあるため、事前にわかっている来客の場合は、猫を避難させ、驚かせないようにしてあげましょう。

3.遊びの結果で

紐で遊ぶ猫

猫はとても好奇心旺盛な動物。家の中にある様々な物に興味を持ちますよね。中でも、カサカサと音のするレジ袋や、ひも状の物が大好き。気づくと中に入ったり、じゃれて遊んでいることがあると思います。

しかし、遊んでいるつもりがレジ袋が頭に引っ掛かった、ひも状の物が体に絡まってしまった…など、予期せぬ事態に陥ったとき、猫はパニックをおこしてしまうことがあります。

飼い主さんがすぐに気づいてあげられれば良いですが、留守のときに起きてしまったら、危険です。飼い主さんが何気なく室内に置いている物が、猫がパニックをおこしてしまう原因になることもあるのです。

猫にとって危険なものが存在していないか、常に気を配ってあげましょうね。

まとめ

驚いている猫

いかがでしたか?猫は、「のんびり気まま」というイメージから、あまり動揺しないように思われがちですが、意外なほど慎重で警戒心が強い動物。極度の不安や恐怖がトラウマになってしまうこともあります。

また、パニックをおこしているときに、無理矢理抱っこをしたり、撫でるとさらに暴れてしまう可能性も…。猫が安心できる場所を用意し、落ち着くまではそっとしておいてあげましょう。

スポンサーリンク