コツはある?猫が飽きない猫じゃらしの遊び方5つ

コツはある?猫が飽きない猫じゃらしの遊び方5つ

せっかく買ってきた猫じゃらしも、少し遊んだらすぐに飽きてしまって見向きもしない…。こんなことはありませんか?猫あるあるですがどうしたら解消できるでしょう。せっかくの猫じゃらしを最大限に活かす方法はないのでしょうか?

514view

1.バリエーション豊富な動かし方

猫じゃらしをガン見する猫

猫が猫じゃらしに飽きないようにするには、様々な形で動かすことが大切です。ただ猫の目の前でパタパタするだけでは反応してくれないことがあります。これは、猫次第です。猫によって好みの動かし方があるのです。ですから、それを探ってあげましょう。

目の前で動かされるのが好きな子もいれば、物陰に隠すのが好きな子もいます。横方向に動かす、縦方向に動かす、ゆっくり、早くなど様々なバリエーションを加えてみましょう。

少し高い場所に猫じゃらしを固定して、ジャンプさせる方法もあります。猫の好みを把握して興味を引く動かし方にしてあげると飽きずに遊べるでしょう。

2.数種類を駆使

楽しそうに遊ぶ猫

猫じゃらしはペットショップやネットショップを除けば数えきれないくらいの種類が販売されています。愛猫が好みそうなものを数種類、取揃えるのがオススメです。

1種類だけだとどうしても、飽きがきてしまうのです。ですから1つの猫じゃらしに飽きてきたと思ったら、他の猫じゃらしを使ってみましょう。

猫の好みが分からない時にも便利です。スタンダードなもの、カシャカシャと音がするもの、羽根付きのものなど、「どのタイプに一番食いつくか」で好みを把握することができます。

3.たまにじゃらしをお休みさせる

真剣に遊ぶ猫

飽きてしまった猫じゃらしは、猫の目に触れないところに隠してしまっておくのがオススメです。1ヶ月もすればその存在を忘れてしまうので、再び出した時に新しい猫じゃらしとして認識してくれます。

ですから猫が興味を示さなくなったものはお休みさせましょう。そうやって数種類をローテーションしていけば、猫にとってはいつも新鮮な猫じゃらしで遊んでいる感覚になります。わざわざ新しいものを購入しなくても、飽きずに遊んでくれる方法です。

4.ハイレベルにしすぎない

遊ぶ子猫たち

いくら猫が素早いとはいえ、飼い主さんが全力で動かす猫じゃらしを中々捉えられないことがあります。猫は獲物を捕らえることで快感を覚えるので、全く捕まえられないとストレスになってしまうのです。

ですからたまにしっかりと捕まえられるくらいのレベルで動かしてあげましょう。あまりにハイレベルすぎると捕まえられなくていじけてしまうかもしれません。

5.場所を変える

タイミングを伺う猫

いつも同じ場所で遊ぶのではなく、たまに変えてみるのも飽きずに遊ばせる方法です。例えば、浴室のすりガラス越しに猫じゃらしを動かしてみたらどうでしょう?ぼんやりと見える 猫じゃらしに反応して、楽しんでくれるかもしれません。

場所が変わるとそれだけ新鮮味を感じます。きっと猫もいつもと違う環境に夢中になって遊んでくれるのではないでしょうか?

まとめ

ロコちゃん

飽きっぽい猫ですから、その興味を引きつけておくのは時に大変に感じます。まずはその猫の好みを把握して、遊んであげましょう。自動の猫じゃらしも時には良いですが、やはり猫にとっては飼い主さんが動かしてくれるものが一番のようです。愛猫と一緒に遊んで楽しみましょう!

スポンサーリンク