猫の『こっちにきて』サイン8つ!構って欲しくてこんな仕草をすることも

猫の『こっちにきて』サイン8つ!構って欲しくてこんな仕草をすることも

猫が甘えてくれるととてもうれしいですよね。猫が飼い主さんに来てほしいときや、かまってほしいときにはちゃんとサインを送っているんです。どうやって飼い主さんにアピールしているのかご紹介します。

5555view

1.鳴く

上を見て鳴く猫

猫が飼い主さんになにかしてほしいことがあるときは、鳴いて訴えるのが定番です。大きな声で鳴く、強く鳴くなど鳴き方のバリエーションは豊富で、猫によっても違います。飼い主さんの前に来て鳴いたり、来てほしい場所で鳴いたりもします。

2.体をこすりつける

壁に体をこすりつける猫

飼い主さんや家具などに体をスリスリして、甘えたい、かまってとアピールすることもあります。猫がスリスリする姿は可愛いのでかまってあげたくなってしまいますよね。

3.見つめる

おすわりする猫

自分の気持ちを控えめに表現する猫もいます。そんな猫は、じっと飼い主さんを見つめて訴えることがあるんです。また、飼い主さんに色々とアピールしたのに相手にされないときも見つめているケースがあります。ちょっと怒ったような表情のときもあれば、目が合うとニコニコと目を細めてくれるときもありますが、何かしてもらいたいはずなので、しっかり要望を聞いてあげましょう。

4.歩いて振り向く

振り向く猫

飼い主さんの前を猫がちょっと歩いては振り向いて、まるで「こっちにきて」と言っているように上手に伝えてくれることがあります。我が家の猫の場合、お気に入りの家族がいて、目が合うと甘えた鳴き方をし、少しなでられると「さあ、あっちに行こう」と行っているように歩きだします。振り向いてついて来ているか確認をして、目的の場所につくとおすわりをしたり、ゴロンと寝転んだりしながらなでられているんです。

5.後をついてくる

歩くキジトラ猫

飼い主さんが来てくれるまで後をずっとついて来る猫がいます。まるで子猫のようですよね。我が家の猫は、猫部屋に来てほしいときはずっと私の行動を見て、動くたびについて来て大きな声で鳴いています。猫部屋に向かうと、しっぽをピンとさせて嬉しそうに小走りをします。

6.膝の上に乗る

膝の上に乗る猫

こっちに来てほしい、かまってほしい、その思いを飼い主さんに気づいてもらうには、飼い主さんの視界に入ったり、飼い主さんが反応してくれることをするのがいいと学習している猫もいます。例えば、飼い主さんの膝の上に乗れば絶対に気がついてもらえますよね。他にも、ヘソ天をしてみる、後ろ足で立ってみるなど、飼い主さんが「かわいい」と言ってくれることをしてアピールする猫もいるんです。

7.前足で触ってくる

前足で人の手に触る猫

まるで人間のように前足で飼い主さんをトントンと触ってアピールする猫がいます。教えたわけでもないのに、そんなしぐさをされたら可愛くて猫の言うことをなんでも聞いてあげたくなりますよね。

8.やってはいけないことをする

散らかった部屋と猫

いろいろなサインを飼い主さんに送っても、それでも来てくれない、かまってくれないとき、悪いことをして知らせてしまうこともあります。物をかじったり落としたり、乗っちゃいけない場所に乗るなど普段叱られることをあえて行ってアピールをするんです。賢いといえば、賢いですが困ってしまいますよね。

まとめ

ラン

猫が飼い主さんにこっちにきてほしいときや、かまってほしいときには、ちゃんとサインを送っているんです。鳴いたり、スリスリしたりわかりやすいアピールをするときもありますが、飼い主さんの前や後ろを歩いたり、前足でトントンしたりする猫もいます。そして、飼い主さんに気づいて欲しくて、いたずらをすることもあるんです。愛猫がかまってほしいときにどんなサインを送っているのかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク