猫が「良かれと思って」してくれるちょっと困ること4つ

猫が「良かれと思って」してくれるちょっと困ること4つ

猫ちゃんが良かれと思ってしてくれることも、飼い主さんにとっては裏目に出てしまっていることってありますよね。でも、愛猫ちゃんのことは怒れません!本記事では飼い主さんがひっそりと困っていることをご紹介したいと思います。

3780view

1. 謎のプレゼントをくれる

猫とプレゼント

外に出ている猫ちゃんは、家に帰ってくる時に飼い主さんにプレゼントをしてくれることはありませんか?

もちろんプレゼントと言っても人間同士のようにラッピングしたものではありません。時にはネズミ、時には小鳥など、ハンティングの得意な猫ちゃんが自分で捕まえた「ナマモノ」を持ち帰ってくれることがあるでしょう。

虫嫌いの飼い主さんのところに虫を持ち帰ったりされたらと思うと…これも猫ちゃんからの愛情表現です。無碍にするわけにも行かなくて困ってしまいますよね。

完全室内飼いの猫ちゃんであれば、家の中では捕獲できない「ナマモノ」の代わりにおもちゃなどを持ってくるようです。

2. 甘噛みをする

甘噛みがエスカレートした猫

甘噛みも猫ちゃんにとっては飼い主さんへの愛情表現の一つです。でも、最初は甘噛みだったはずがなぜかだんだんと興奮して力が入って最終的には猫ちゃんの歯形がくっきり…。ということもあるかも知れません。

エスカレートされると痛い、でも怒るに怒れないといった状況に飼い主さんはとても困惑してしまいますよね。猫ちゃん自身も最初は愛情表現をしていたはずなので、良かれと思ってやったつもりなんです。

猫ちゃんからの甘噛みが、いつの間にか遊びにすり替わってしまっている点は困ってしまうことの一つと言えるでしょう。

3. 横になると上に乗っかる

飼い主の上で寛ぐ猫

寝る時、体調が悪い時、ちょっとした休憩の時など、飼い主さんが横になる場面は多いですよね。その上に当然のように乗ってくる愛猫ちゃん。

飼い主さんが落ち込んでいる時は励ますため、寝込んでいる時は心配になって乗ってくるのですが、自分の体重のことは頭から抜け落ちているようです。

大型種などの体の大きな猫ちゃんだったりすると重いやら苦しいやら嬉しいやらと、飼い主さんとしては複雑な気分になるので困ってしまいますね。

猫ちゃんとしては飼い主さんのためにしているのであって、苦しめようとしているわけではないのでこれについても怒れません、はい。

4. 掃除を手伝う

ルンバに興味を持つ猫

飼い主さんがいざ掃除をするぞ!という時に集まってくる猫ちゃんたち。掃除機に吸われたがる子、戦いを挑む子、ルンバにじゃれる子と、様々な方法で飼い主さんを癒すお手伝いをしてくれます。

せっかく片付けたばかりの場所を散らかしてみたり、高いところのものを落としてみたりと掃除する手間は増える一方ですが、猫ちゃんたちにとっては自分も掃除に参加しているつもりなのかも知れません。悪気がないだけに困ってしまいますよね。

なるべくなら参加を辞退して頂きたいものですが、こればかりは猫様の気分次第なのでどうにもなりません。

まとめ

見つめる猫

猫ちゃんたちが良かれと思ってしてくれることは、人間にとって本当に良いことばかりではありません。それでも猫ちゃんたちは大好きな飼い主さんが喜んでくれることを信じて、今日もちょっと困った「良いこと」をせっせとしてくれるんです。

うちの猫の場合は、家にかかってきた電話を勝手に取ってしまうことがあります。鳴いて相手との対話を試みていますが、相手の方に猫語は通じないため何の用事だったのか分からずじまいなことも。

そんな猫ちゃんたちですが、今も飼い主さんのためにできることがないか探しているかも知れません。くれぐれも挫けないように頑張ってください。

スポンサーリンク