猫が小さい箱に入りたがる理由5つ

猫が小さい箱に入りたがる理由5つ

後で片付けようと思ってたまたま置いておいた小さな箱。いざ解体しようと思ったら愛猫が入っていた。というのは良くある光景です。なぜ猫は、わざわざ窮屈そうな小さい箱に入りたがるのでしょうか?その理由を探って行きましょう。

494view

1.安心するから

安心している猫

体にジャストフィットの箱に入ると、猫は安心します。上からも下からも、後ろからも敵に襲われずに済むからです。野生ではいつどこで、どこから敵襲を受けるか分かりません。

ですから箱に周りを囲まれていれば、自分の前だけを警戒していれば良いことになります。つまり、安心なのです。そのためぎゅうぎゅうな小さな箱に入りたがると考えられます。

2.入りこごちを確かめている

ぎゅうぎゅうな猫

野生では猫は穴倉で体を休めることがあります。手頃そうな穴があればまず、入り心地を確かめます。それで居心地が良ければしばらくそこを巣穴として使うのでしょう。

ですから家の中に小さい箱があれば、ついつい習性で入り込んでしまうのです。猫ホイホイを作りたければ通り道に小さい箱を置いておくと良いでしょう。

「はっ!あの箱は何にゃん?」と気づいた猫はきっと、中の居心地を確かめようとするはずです。一度だけ入れば満足する箱もあれば、その後も継続して使う箱があるようです。その違いは…猫にしか分かりません!

3.獲物がいないかの確認

何かを探している猫

こちらも習性で、箱というか穴を見つけると獲物がいないかをついつい確認してしまうようです。本能なのでしょう。

小さな穴倉には、ネズミやウサギなど猫が捕食する動物がいる可能性があるからです。それがDNAに刻み込まれている為に、入って確認しようとするのです。

でも家の中にある箱に獲物がいるはずもなく…。猫の期待はあえなく裏切られてしまうのです。「しょんぼりにゃん」と肩を落とす猫。でも小さい箱の中にぴったり収まり、それはそれで満喫します!

4.箱好き

はみ出し気味の猫

大抵の猫は箱が好きですが、特に箱好きな子がいます。箱を見ればどんなに小さくたって、入ろうとトライするのです。たとえ前足しか入らなくたって!

そこまでして入ろうとするのはとても不思議ですが、もしかしたら好きという以外にも闘争心が燃えるのかもしれません。

これは筆者の想像ですが、箱が飼い主さんからの挑戦状に見えるのでは?「入れるものなら、入ってみろ!」とでもいわれているかのような錯覚に陥るという可能性はないでしょうか?

そこまでではなくても、猫にとっては遊び感覚なのでしょう。入れないくらいの小さい箱にどうにかして入る。それ自体が楽しい遊びなのです。

5.体温を保つため

暑そうな子猫

箱に入ることで、猫は体温を保つことができます。小さいフィット感のあるものであれば、安心感も得られてより良いのでしょう。またダンボール箱は保温性に優れているので、中に入った猫は暖かく過ごすことができます。

寒い時期はなるべく、ダンボールにしてあげた方が喜ばれるかもしれません。ピッタリとハマる愛猫を見るのは、幸せなものです。中に毛布などを敷いてあげると、より快適に過ごして貰うことができるでしょう。

まとめ

コマちゃん

猫が小さな箱に入るのには、幾つかの理由がありました。猫に箱嫌いはいにゃい!というくらい、箱を愛する猫たち。ものすごい吸引力がありますので、猫が囚われてしまわないようにご注意ください。

スポンサーリンク