猫が好きな人の前だけで見せる『寝方』5つ

猫が好きな人の前だけで見せる『寝方』5つ

猫の寝姿ほど癒されるものはありません。もふもふの毛玉のような生き物がさも、幸せそうな顔をして寝ているのですから…。でも状況によって寝方が変わるようです。好きな人の前にいる時は、どんな寝方をするのでしょうか?

6105view

1.お腹を見せる

ヘソ天で寝る猫

急所であるお腹を無防備に晒すのは、相手が好きな人だからです。「好き=信頼」でもあるので、猫が深い信頼を寄せている人だということなのでしょう。

ですから愛猫がお腹を見せてくれたら、かなり信用されていると思って間違いありません。ついつい触ってしまいたくなりますが、そういうことではない場合もしばしば。

触ると叱られてしまうかもしれません。でもぷにぷにさせてくれる場合もありますので、そこは臨機応変に対応していきましょう。

2.腕枕

腕枕

腕枕といっても残念ながら猫が飼い主さんにしてくれるのではありません。もしそうならとっても幸せそうなのですが…。猫が飼い主さんの腕を枕にして寝る姿のことです。

腕が重いと思ったら、気持ち良さそうな顔をして眠る愛猫が…。というシーンに出会った飼い主さんは少なくないでしょう。

体が小さな猫とはいえ、長時間腕枕しているとさすがに痺れて来ます。どうやってこの可愛い縛りから脱出するか、思考をめぐらせなければいけなくなります。その一連の流れが朝の儀式になっているご家庭もあるのでは?

3.お尻を向ける

猫のお尻

猫がなぜか飼い主さんに向かってお尻を向けて寝ることがあります。重くて目が覚めたら、愛猫のお尻が目の前にあったということも。

できればあまりお尻は向けて欲しくないと思ってしまいますが、これも大好きだからこそ行う行動なのです。背後には目がありません。つまり、いつ敵が襲ってくるか分からないのです。

でも飼い主さんがいてくれれば安心です。好きだからそれだけ信頼も厚く、何かあれば守ってくれると思っています。背中を飼い主さんに預けているというわけなのです。頼りにされてますよ!

4.上に乗る

ぐっすり寝る子猫

やはり好きだからこそ密着していたくて、上に乗ってくるのではないでしょうか?それもかなり無遠慮に…。飼い主さんのことを何だと思っているのか、躊躇などする様子なく乗ってきてくれます。

これは子猫の頃に他の子猫の上に乗って寝るという習性から来ているようです。乗られている側の苦労などつゆ知らず、本猫は気持ち良さそうにスヤスヤです。もちろん猫とくっついて眠れるのは幸福感がありますが、長時間に渡ると重圧に耐えられなくなって来ます。

また乗られる場所によっては苦しさを感じて、悪夢を見て目を覚ますなんてことも。「たまには安眠を!」と訴えたい飼い主さんがたくさんいそうです。

5.布団の中に入る

布団に入る猫

やはり好きでなければ、その布団の中には入らないでしょう。嫌いな人には近寄りもしない生き物ですから。ガサゴソと飼い主さんの布団を漁り、自分が入っても安全かを確認します。

冬は猫と一緒の布団で寝ると温かく、とても過ごしやすいでしょう。お互いが天然の湯たんぽ代わりになれるのです。

まとめ

アリーちゃん

猫は相手によって態度を変えています。賢いですね!猫の好きな人になれれば、ご紹介した幸せは全て手に入るかもしれないでしょう。そのためにはとにかく、お世話をすることが大事になって来ます。猫に気に入られるように努力しましょう!

スポンサーリンク