猫が丸くなって眠る理由4つ

猫が丸くなって眠る理由4つ

「猫鍋」といえば土鍋の中で丸くなって眠る癒ししかない猫の姿が思い浮かびます。ただ丸くなって寝るのは、何も猫鍋に限ったことではありません。どのような時に丸まって寝るのか、その理由を知って行きましょう!

566view

SupervisorImage

記事の監修

北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。

1.寒さ

寒さを感じている猫

猫が丸くなって寝る理由の1つに挙げられるのが、「寒さ」です。寒さを感じていると体温を守るために体を丸めて寝るのです。一説には気温13℃以下になると丸くなって寝るとも言われています。

夏は伸びきって寝ていた猫も、冬は丸まって眠る様子を見ることができるでしょう。ですから、猫の寝姿で寒いのか暑いのかを知ることができます。適温を保てるようにしてあげましょう。

2.容器の形にフィットしている

すっぽりハマって寝る猫

猫は「液体なのでは!?」と思えるほど体が柔軟です。容器の形に合わせてちょうど体勢をフィットさせるなんて朝飯前です。猫が丸くなって寝ている時、入っているものがたまたま円形だったため、その形にぴったりフィット!という場合もあるでしょう。

丸い形のベッド、猫鍋など、丸い猫グッズは多いので、そこにフィットして丸くなることは良くあると考えられます。

3.丸くなるのが好き

丸くなって寝る猫

猫の性格的に、丸まるのが好きという場合もあるでしょう。足やしっぽを体の内側に巻き込むことで「にゃんだか安心!」と思っているかも。

愛猫が丸まって寝ている場合、単純にその猫が落ち着く体勢が「丸まること」とも考えられます。

4.体調が悪い

眠る猫

暗い場所や目立たないような隅などでずっと丸まって寝ている場合は、体調が悪いのかもしれません。「いつもはそんな場所で寝ないのに…」と飼い主さんが疑問に感じた場合は、注意した方が良いかもしれません。

他にも行動にいつもと違う点がないかを確認し、様子がおかしければ早めに動物病院へ連れていきましょう。猫は不調を隠す動物なので、気がつきにくいかもしれません。日常的に動作を注意して見てあげることが大切です。

まとめ

まる。くん

猫が丸くなって寝る姿は俗に「ニャンモナイト」と言われます。古代に反映した巻き貝の形に似ているので、そのように呼ばれています。

なぜ今猫がニャンモナイト化しているのかを知ることで、対応できる場合もあるでしょう。常に猫の気持ちを推し量るようにしてあげてください。

スポンサーリンク