何を考えているのかわからない…猫の『心情』を知る方法3つ

何を考えているのかわからない…猫の『心情』を知る方法3つ

猫ちゃんともっと仲良くなりたいと考えていても、なかなか愛猫が何を考えているのか分からないと悩む飼い主さんは多いのではないでしょうか。そのヒントとなる情報を集めてみました。

822view

猫ちゃんの心の内

見つめる猫

猫ちゃんは一般的にクールでワンちゃんと比べるとどうしても感情が分かりにくいといった部分があります。もちろん、長年一緒に暮らしていると些細な表情でわかってくるのですがそれませは飼い主さんも戸惑ってしまうことがあるかもしれません。

ここでは、そのようなお悩みをお持ちの方向けに猫ちゃんの心情を知る手がかりを集めてみました。些細な仕草から意外な心情がわかることもありますので、ぜひ日頃から愛猫を観察しみて下さい。

1.尻尾の動き

尻尾を見せる猫

猫ちゃんにとって大事な器官とも言える尻尾は様々な感情を伝えてくれます。一番メジャーとも言える姿として尻尾を垂直に立てる姿が挙げられます。
喜びや構って欲しい気持ちを表してくれるこの姿を見かけた時は、飼い主さんはできるだけ遊び相手となりましょう。信頼関係を築けるチャンスです。

また元気のない時や体調悪い時には尻尾は垂れ下がっていたり、イライラしている時は地面に叩きつけるように尻尾をブンと振り回します。このように割と分かりやすく猫ちゃんの心情を示してくれる仕草が尻尾の動きなのです。

2.体を擦り付ける

擦り付けている猫

飼い主さんに向けて急に愛猫が全力で体をこすりつけてくる時はありませんか。猫ちゃん特有の仕草でもあるのですが、自分の匂いを一生懸命飼い主さんに付けようとしている仕草です。

飼い主さんに甘えたい気持ちもありますし、匂いをつけることで「この人は自分のもの」をいうことを示しているのです。飼い主さんとしては嬉しい仕草となります。見かけたら優しく愛猫の好きな場所を撫でてあげましょう。

猫ちゃんなりのコミュニケーションとなりますのでどんなに忙しい時でも無視はせず、少ない時間でもなるべく構ってあげることがベストです。

3.鳴き声

鳴いている猫

猫ちゃんの心情は鳴き声にも表れます。もともと野生の猫ちゃんはほとんど鳴きません。鳴くことによって敵に自分の位置を知らせることになり、危険な状態にさらしてしまう可能性が高くなるからです。
そのため鳴き声とは猫ちゃんが人間である飼い主さんとコミュニケーションを取るために鳴いていると言われています。

一生懸命鳴き声で自分の気持ちを伝えようとしてくれているのです。機嫌の良い時は高い軽やかな声になりますし、要望や催促がある時は「ニャーーーん」と長めに鳴きます。

また怒ったり離れて欲しい時は「シャーー!!」と強く鳴いて威嚇もします。このように鳴き声だけでもどんな気持ちなのかを推測することができます。

まとめ

見上げる猫

猫ちゃんの様々な仕草によってある程度の心情を知ることが可能です。どんな仕草がどのような意味を持つのかはぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク