玄関でお見送りした猫はその後どうしてるの?留守中の過ごし方5つ

玄関でお見送りした猫はその後どうしてるの?留守中の過ごし方5つ

飼い主さんが外出しようとすると、玄関でお見送りをしてくれる猫。何となく寂しげなその様子に、後ろ髪を引かれてしまいます。でも猫は本当に寂しいと思っているのでしょうか?留守中に何をして過ごしているのか、調べてみましょう。

1094view

1.外を眺める

外を眺める猫

留守番中はずっと寝てばかりいるのかと思いきや、意外にも外を眺めて過ごす猫が多いようです。もしかしたら飼い主さんがいない分「自分が家を守らなくっちゃ!」と思っているのかもしれません。

もちろん外を眺めて楽しんでいる、という理由もあるでしょうが、侵入者や怪しい動きをする者はいないか監視している可能性も考えられます。

小さいけれど優秀な警備員でもあるのです。もしかしたら下手な警報機よりも役に立ってくれるかもしれません。

2.パトロール

歩く猫

自宅内、つまり猫にとってのナワバリをパトロールしていることも多いよう。異常はないか、不審者はいないかと飼い主さんに代わってチェックしてくれているのです。

留守中の猫は意外と働き者なのかも。常に適度な緊張感を持ち、仕事してくれているようです。飼い主さんが帰ってくると途端に気が緩んで、いつものマイペース猫に戻るのかもしれません。

3.遊ぶ

遊ぶ猫

留守中、遊んでいることも多いようです。1匹の場合はおもちゃなどで遊べるように、安全なものを用意してあげると良いでしょう。

多頭飼いや犬など他の動物と飼っている場合は、じゃれ合って遊ぶことも。寂しさも紛れちょうど良い遊び相手になることでしょう。

「うちは1匹だから、もう1匹迎えてあげた方が良いのかな?」と思うかもしれませんが、相性がありますので安易な多頭飼いはオススメしません。

もし新入り猫を迎える場合は性別や年齢、もちろん性格も鑑みた上で迎えましょう。合わなくて逆にストレスになってしまっては良くありません。

4.寝る

寝ている猫

ペットカメラで留守中の愛猫の様子を観察した飼い主さんによると、やはり予想通り寝ていることも多いようです。過ごし方はその猫によるのかもしれません。

留守番の時間の長さにも左右されるでしょう。長くなればそれだけやることも多くなりそうです。寝て、遊んで、外を眺めて、というように。

余談になりますが留守番の時間が長ければ長いほど、飼い主さんが帰宅した時に甘える時間が長くなるようです。か、可愛い!

5.飼い主を探す

探している猫

留守中の愛猫の様子を探るためにあえて外出し、その後の様子をペットカメラに収める飼い主さんがいます。そして衝撃の事実が!

猫は遊んだり寝たりするどころか、飼い主さんを探し求めて鳴き、さまよい歩いていたのです。こんな様子を見たらとてもじゃないけど留守番などさせられません。

もしかしたら少し分離不安の傾向があるのかもしれません。あまり猫を飼い主さんに依存させないように日頃から気をつける必要があります。

まとめ

留守番中の猫

「どうせずっと寝てるんでしょ」と思いきや意外にも活動的に動いているという事実。ただ個体差があるので、もし愛猫の様子を知りたければペットカメラを設置するのがベストでしょう。

元気にしているか、危ない目に遭っていないかなども確認することができますし、外出先でも癒されることができます。話しかけたりおやつを与える、遊ぶことさえできるカメラもありますので、留守中の猫の寂しさも紛らわすことができ一石二鳥です!

スポンサーリンク