猫が誤飲したら命に関わる『超危険なもの』5選!飲み込んでしまったらすぐ病院へ!

猫が誤飲したら命に関わる『超危険なもの』5選!飲み込んでしまったらすぐ病院へ!

悲しいかな家の中で起きてしまう事故の一つが、誤飲です。ですが飼い主さんが気をつけてあげることで、防ぐことができることができます。猫がどんなものを誤飲してしまうと危険なのか、確認しておきましょう。

1848view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.ヒモ類

毛糸

猫のおもちゃに良くある形状のヒモ類は、誤飲してしまうと大変危険です。まず最低限の対策として、飼い主さんが見ていない時はヒモ状のものは出しておかないようにしましょう。おもちゃ以外にも靴紐やほつれた糸、髪の毛なども飲み込んでしまうことがあります。

万が一誤飲してしまうと腸に壊滅的なダメージを与える危険性が。命に関わることがありますので、絶対に誤飲しないように注意しましょう。もし誤飲してしまった場合はすぐに動物病院へ行くか、電話で指示を仰ぎましょう。

2.薬

薬

薬は小さいので、猫が遊んでいるうちに容易に飲み込んでしまう危険性があるものです。特に人用の薬を飲み込むと重篤な症状に陥ることがありますので、十分気をつけなければいけません。

猫の手が届く場所には絶対に置かないようにしましょう。しっかりと棚にしまうなどの対策が不可欠です。たとえ猫用の薬であっても不要なものを摂取するのは良くありません。

また、飼い主さんが自己判断で人用の風邪薬や鎮痛薬を飲ませてしまうことで危険な事態になることもあります。それだけは避けるようにしてください。

3.電池

ボタン電池

電池も猫が誤飲すると大変危険です。ボタン電池は猫の小さな口でも飲み込んでしまえるので、絶対に猫が触れないようにしておきましょう。

アルカリ電池は体内の組織を壊してしまう作用があります。命に関わる問題ですので注意しましょう。万が一誤飲してしまった場合はすぐに動物病院へ。その際何を飲み込んだのかを正確に伝えるようにしてください。

4.おもちゃ

ネズミのおもちゃ

たとえ猫用に作られたおもちゃでも、飲み込んでしまう形状、大きさのものは危険です。良くあるのがネズミの形をした小さなおもちゃです。猫が本当に獲物と思って飲み込んでしまうことが多く、重篤な症状を引き起こすことがあります。

飲み込んでしまったものが1つかと思いきや、いざ手術をしてみると何個も体内に入っていた。さらにそれらが飼い主さんの髪の毛や衣類の糸などで繋がってしまい、大変なことになる場合もあります。

こうなると命に関わりますので、注意が必要です。猫が飲み込んでしまいそうなおもちゃでは遊ばせない、どうしても遊ばせる時は必ず飼い主さんが見ているところで、などの工夫をしていきましょう。

おもちゃを買う時はただ猫が喜ぶからと理由だけではなく「壊れやすくないか」「誤飲してしまわないか」「口に入る大きさでないか」、という視点で見ることも大切です。

5.観葉植物

観葉植物

部屋の雰囲気を良くしてくれる観葉植物ですが、猫にとっては危険物となりえる場合があります。意外にも植物に関心がある猫は多く、すぐ口に入れようとすることがあります。

猫草ならば問題はないのですが一般的な観葉植物は飲み込まないようにしなければいけません。観葉植物の中には中毒の原因になる物質を含むものが多数あります。肝臓の障害や腎不全を起こすことがありますので注意が必要です。

ユリを誤飲してしまうと数日で亡くなってしまうかもしれません。猫がいる部屋に猫草以外の植物は置かないようにするのが正解です。

まとめ

安全な場所にいる猫

猫が誤飲すると危険な物は、すぐ身近にあります。命を守るために十分気をつけていきましょう。誤飲が疑われる場合は早急に受診をするか、かかりつけ医になどに電話をして指示を受けるようにしてください。早めの対処が猫の命を救うためには必要です。

スポンサーリンク