猫が飼い主の足の甲に座るのはなぜ?5つの心理

猫が飼い主の足の甲に座るのはなぜ?5つの心理

足の甲というレアな場所に座ってくる猫。なぜなのか不思議です。元々彼らの行動には謎が多いですが、考えられるだけの心理を挙げてみました。少しでも猫の不思議を解くヒントになれば、幸いです。

1173view

1.アピール

手をあげる猫

「構って欲しい」「ご飯が欲しい」など何かの要求があり、自分の存在をアピールする為に座ってきた可能性があります。たまたま飼い主さんの足の甲が目についたのでしょう。

そこへドカッと腰を下ろせば、気がつかないわけがありません。自分の存在に確実に気がついて貰うために座ったのです。全体重をかけて。

猫が何を要求しているのか、察してあげましょう。撫でかご飯か、それとも…?

2.良いクッションだと思った

クッションを満喫中の猫

飼い主さんの足の甲が良いクッションに見えたのかもしれません。猫は時にとても無遠慮に人の体の上に乗ります。こちらが重たく感じるなどはお構いなしです。

足の甲はどちらかといえば固くゴツゴツしていそうですが、そのような感触を好む猫もいるのでしょう。猫に乗られると遠慮してしまって動けなくなる飼い主さんは多いです。でもどうしても動きたい時は、どかしましょう。

足の甲であれば簡単に、スッと猫の体の下から抜くことができます。不満そうな顔をされそうですがそんな圧に負けることなく、決死の覚悟で解放されることをオススメします。トイレを我慢すると、体に負担がかかりますよ!

3.好きだから

猫とハート

飼い主さんのことが好きだから、足の甲に座ってきたのかも。この場合の猫は飼い主さんであればどこでも良いのです。どこでも良いからくっつければそれで満足なのでしょう。

幸せそうな顔をしながらゴロゴロ言って幸せなひと時を満喫している猫。そんな姿にメロメロになってしまいます。本当に猫って、罪な生き物ですよね。そんなに飼い主さんを虜にして、どうしようというのでしょうか?

4.温かいから

温まる猫

飼い主さんの足の甲に座ると温かいから、という理由もありそうです。人の体のパーツの中では比較的、体温が低い場所ではあると思いますが、その時の猫にはちょうど良かったのかもしれません。

そこまで寒くないけど、ちょっと温まりたい。そんな心境の可能性も。ふと柔らかい感触がしたと思ったら、愛猫が足の甲に座ってきた…。そんな場面があったら幸せです!寒い時には正に湯たんぽになってくれます。お互いwin-winです。

5.すっかり安心している

リラックスする猫

足の甲に座るということは、すっかり安心しているのでしょう。警戒していたらまず、近寄ることはありません。猫が自分から近づいてくるということは、それだけの信頼があるからなのです。

そして完全に心を許しているからこそ、体をくっつけてきます。ですから猫に接近されたら信頼されていると思って間違いありません。

まとめ

ひまわりちゃん

一体猫が何を考えているのか、本当のところは猫にしか分かりません。ですが彼らの行動パターンや性質などから、読み解いてみました。もちろん他にも理由があるかもしれません。見つけた方はぜひご一報ください!

スポンサーリンク