猫が飼い主に「あごのせ」する理由5つ

猫が飼い主に「あごのせ」する理由5つ

猫が完全にあごを飼い主さんに預ける「あごのせ」。これはどうしてするのでしょうか?その理由を探ってみました。なぜ可愛すぎるあごのせ猫が発生するのか、チェックしていきましょう。

2739view

1.枕代わり

枕にあごのせ

猫が飼い主さんにあごのせするのはまず、信頼関係がしっかりとできていることが前提です。その上でちょうど良い枕代わりだと思っているのでしょう。

きっと高さや固さがちょうど良いのです。寝る時やリラックスする時はやはり、あごをどこかへ乗せた方が楽というもの。ちょうどそこに飼い主さんがいてあごを乗せやすい感じになっていたので、枕にしてみたのでしょう。

2.安心するから

安心している猫

ひとえに安心するから、という理由も考えられます。信頼している飼い主さんにくっついているとホッとできるのでしょう。甘えん坊猫に多そうな理由です。

何かにつけてくっついてくる猫っていますよね?よほど信頼されているのかもしれません。嬉しいけれど動けなくなるのが困る点です。

3.母猫代わりだと思っている

母猫と子猫たち

飼い主さんのことを母猫代わりだと思っている為にあごのせするケースもあります。子猫は母猫や兄弟猫にくっついて寝る傾向があります。体温保持の目的があるのです。

もう既に立派な成猫になっていたとしても、気持ちは子猫で飼い主さんを母猫だと思っている可能性が。枕にする時モミモミしてくることもありますので、そのような行動に出たら完全に甘えている証拠です。

4.匂い付け

真顔な猫

猫の顔周りにはフェロモンを分泌する器官があります。その為、あごを乗せると匂い付けができるという利点があるのです。

わざわざ飼い主さんにあごのせするのには、自分の匂いをつけてナワバリ主張しているということが考えられます。そう!飼い主さんもナワバリの一部になってしまうのです。

ですから他の猫が近づこうとすると威嚇し、遠ざけようとするでしょう。ナワバリ意識が強い性格の猫は、良くあごのせするかもしれませんね!

5.温かさの確保

あごのせ猫

飼い主さんにあごのせをするとその体温が伝わって、温かい思いができます。特に寒い日にはちょうど良い湯たんぽのようになってくれるのです。

猫は温かさを確保するため、あごのせをしている可能性があるのです。寒い日は飼い主さんも温かい思いができるので、お互いにとって良い点があります。

ただトイレなどで動こうとすると、思い切り迷惑そうな顔をされるのがちょっと…。

まとめ

かわいらしい猫

猫のあごのせ、可愛いですよね!気持ち良さそうな顔をしてくれたら、それだけでも嬉しくなります。いつまでもくっついていたくなる行動です。思う存分愛でて行きましょう!

スポンサーリンク