実は猫が「飼い主さんの気を引くため」にしていること5つ

実は猫が「飼い主さんの気を引くため」にしていること5つ

あまり飼い主さんにベタベタしないイメージの猫ですが、実は気を引くために影で努力をしているようです。一体どんなことをしているのでしょうか?チェックして行きましょう。

2043view

1. あえてのいたずら

靴紐で遊ぶ黒猫

こちらを向いてくれない飼い主さんの気を引くために、わざといたずらをします。物を落としたりやってはいけないと言われていることをしてみたり…。どうにかして振り向いてほしいのでしょう。健気です。

いたずらをして飼い主さんが気にかけてくれたらしめたもの。きっと心の中でほくそ笑んでいることでしょう。いたずらされるごとに反応していると味をしめてしまうかもしれませんので、時には無視も必要です。

2. 邪魔猫化

パソコンの上に座っている猫

良くあることですが、突如として邪魔猫化することがあります。これも飼い主さんの気を引きたくてやっている場合が。猫の方を向かざるを得ない状況になるため、そのことが分かっているのかもしれません。

邪魔猫になれば飼い主さんが構ってくれる。そう思っているからこそやるのでしょう。また、こちらを向いてくれないことがプライドを傷つけているのかもしれません。しばらく構ってあげると、きっと満足して邪魔猫化を解いてくれるでしょう。

3. 見つめ続ける

首をかしげてこちらをじっと見つめる猫

射るような視線を感じると思ったら愛猫にじ〜っと見つめられていた、ということはありませんか?それも不満げな視線で…。ただでさえ鋭い猫の眼光ですから、見つめられると怖いです。

飼い主さんに気持ちを分かってほしくて見つめているのでしょう。「こっち向いてよ!」「にゃんで構ってくれないの?」と思っているのです。そんな猫と目が合ったらゆっくりと瞬きをして「大好きだよ」と伝えましょう。きっと猫も許してくれるはずです。もし瞬きを仕返してくれたら、両思いなことが分かります。

4. 鳴いてアピール

鳴いてアピールしている猫

うるさいほどに鳴いてくるときはあからさまです。明らかに意図があって飼い主さんの気を引こうとしているのでしょう。もしかしたらお腹が空いたのかもしれませんし、構ってほしいのかもしれません。叶えられる範囲で猫の要望を叶えてあげると良いでしょう。

一緒に暮らしていると何となく、なぜ鳴いているのかが分かってきます。猫の気持ちを汲み取ってあげると喜んでもらえるでしょう。

5. 直接の働きかけ

猫の手アップ

飼い主さんの体に手をかけてきたり膝の上に乗ったりして、直接的に働きかけてくることも。きっと何かを訴えるような目で見てくるはずです。

あまりにも飼い主さんが振り向いてくれないので、強硬手段に出たのでしょう。体に触れれば気がついてくれることはほぼ確実ですから。このようなアピールをしてきたら、しっかりと構ってあげてください。

まとめ

ライラ

クールに見える猫ですが、飼い主さんの気を引こうと意外と必死に頑張っているようです。きちんと相手にしてあげてください。猫からの働きかけを無視し続けると、いじけてしまうかもしれません。気をつけてあげましょう!

スポンサーリンク