猫に『好かれる話し方』の特徴3つ

猫に『好かれる話し方』の特徴3つ

猫たちにとって私たちが話す言葉は、意味そのものよりも鳴き声や音のように聞こえていると考えられます。そのため猫に話しかける時の「声の質やトーン」が重要となってきます。今回は「猫に好かれやすい話し方」についてまとめました。

2145view

猫に好かれやすい人とは?

足の間にいる猫

アクティブ系よりおっとり系が好き?

猫に好かれる人を思い起こしてみたとき、落ち着きがあってあまりバタバタしない人が多いと感じます。元気ハツラツ!という雰囲気の人よりも、物腰が柔らかくておっとりとした雰囲気の人が多い印象です。それは猫の「危機管理能力の高さ」が関係していると考えられます。

猫は「安心感のある人」が好き

猫は非常に臆病な動物なので、できるだけ危険から遠ざかって生きることを重要視しています。猫は一度危険な思いをした物事には近付かないよう学習し、少しでも危険を感じると緊張状態となります。このことから猫に好かれたい場合は「安心感を与えること」を意識することが効果的であると言えます。

1.穏やかな声量

窓際で猫に笑顔を向ける女性

緊張させない声の大きさ

猫は警戒心が強い動物で、臆病な子が多くいます。そのため「ビックリすること」がとても苦手です。ビックリすることがあると一瞬にして身を硬くし、防御や逃走の緊張状態になります。猫に好かれたい場合は「穏やかな声量」を心がけてみましょう。

リアクションも穏やかに

そして突然大きな声を出すオーバーリアクションを控えることも大切です。音の情報から危険がないかを日々チェックしている猫にとって、突然の大声は「なにごと?!」と驚いて警戒態勢になりやすいです。

2.柔らかく高い声

男女に見つめられる猫

猫は高い声の人を好みやすい

猫は「話し声が高い人」に懐きやすいという意見があります。これは猫が甘える時や気分が良い時には普段よりも高い声を出し、怒っている時や不安な時には普段よりも低い声を出すことが多いことから、猫にとって高い声は友好的な印象を与えやすいと考えられるためです。

赤ちゃんに話しかけるように

そのため猫と話す際には声のトーンも意識してみましょう。赤ちゃんに話しかけるような優しい声色のイメージで話しかけると、猫ちゃんの警戒心が薄れる可能性が高いです。キンキンした声よりも柔らかい声色を意識してみるのも大切です。

3.ゆっくり話す

マグカップを持った女性と猫

早口で快活にお話しする人よりも、ゆっくりと穏やかに話す人の方が猫に好かれやすいです。早口で話すと猫に緊張感を与えてしまいやすいことが理由の1つと考えられます。また猫は人間の言葉の「母音の違い」で単語を聞き分けて認識するという意見もありますので、そういった意味でもゆったりと話した方が猫が聞き取りやすいのかもしれません。

まとめ

お座りして見上げる猫

今回は「猫に好かれやすい話し方」について解説いたしました。猫の性格はそれぞれ違うので、中にはどんな相手にもフレンドリーに接する子もいます。しかし基本的に猫は臆病さが強い動物なので、猫の前では「安心感」を意識すると好かれやすくなると考えられます。

  • 穏やかな声量
  • 柔らかく高い声のトーン
  • ゆっくり話す

この3つを意識してみることで、猫に安心感を与えやすくなるでしょう。

猫は複雑な会話を理解することはできませんが、ちゃんと人間の言葉を聞いています。みなさんもぜひ猫ちゃんに話しかける際には「安心感」を意識してみてください。

スポンサーリンク