顔をうずめたい…♡モフモフな猫種4選

顔をうずめたい…♡モフモフな猫種4選

猫の可愛い部分はたくさんありますが、チャームポイントの一つとしてモフモフした毛皮が挙げられます。猫好きの人であればそんな猫達を一度は抱っこして柔らかい毛並みをなでたり、可愛がりたいと思うこともあるでしょう。今回はそんな猫の中でも特に毛並みがモフモフとしてキュートな種類をまとめてみました。

424view

1. ラグドール

座ってまん丸な目をしているラグドール

ラグドールという名前は「布のように柔らかいお人形」という意味の造語だそうで、そう称される通り毛並みが絹のように柔らかくモフモフとしています。性格は抱っこされるのが大好きで、そのことからも人形やぬいぐるみのようと形容されます。実際の見た目もぬいぐるみのように非常に愛らしい猫です。

性格の傾向

ラグドールは飼い主さんと一緒にアクティブに遊ぶというよりは抱っこされたり、膝の上でなでられたりとのんびり過ごすことを好むタイプで気質も穏やかで落ち着いています。毛並みがモフモフとしてかつ穏やかで愛情深い猫を飼いたい、一緒に元気に運動するよりは穏やかなスキンシップを楽しみたいという人にはとてもぴったりの猫種でしょう。

2. サイベリアン

雪の中を歩くサイベリアン

サイベリアンは極寒の地シベリア(ロシア)で自然発生した猫種と言われており、まだはっきりとはしていないものの、紀元前1000年頃にはすでに存在していたのではとされる非常に古い歴史を持つ猫種です。ロシアの人たちは非常に猫好きであることで知られていますが、サイベリアンもメドベージェフ首相やゴルバチョフ大統領などの愛猫として可愛がられていました。

モフモフで寒さ対策

そんなサイベリアンはとても寒い地域で暮らしてきたため、とてもフワフワで厚い毛皮を持っています。また、足の裏にも毛が生えているのも寒い国の猫ならではです。性格は犬のように従順かつ賢い猫とされ、ロシアではサーカスで芸を披露したこともあるのだとか。

性格の傾向

そんなサイベリアンは自分が気を許していない人にはちょっとツンデレな面もあるようですが、心を許したご主人にはとても甘えん坊の一面をみせるようです。猫と強い絆で結ばれたい人、どこか野性的で毛並みの豊かな長毛の猫が飼いたい方にはサイベリアンはおすすめの猫種です。

3. メインクーン

木の上から下を見ているメインクーン

メインクーンは非常に大型の猫種として知られています。メインクーンのオスは6kg~9kg、メスは3~6kgほどの体重になり、体長に関しては1メートルを超える猫もいるそうです。ちなみにメインクーンという名前は体の模様や狩りの仕方がアライグマ(ラクーン)に似ていることからそう名付けられたとされています。

大きな体で穏やか

性格はその大きな体つきからは想像できないぐらい穏やかで、ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)というあだ名で呼ばれます。そんなメインクーンの毛並みは防寒や防水効果に優れていて、ダブルコートの厚い被毛に覆われています。また耳先にある飾り毛やフサフサしたしっぽもチャームポイントです。

性格の傾向

メインクーンはもちろん甘えてくることもありますが、自立したところもあり、そこまでベタベタした関係を好まない性格とも言われます。この傾向はメスの方がより強く、オスの方が甘えん坊とされます。ただ、あまりベタベタする方ではないとされるものの、飼い主さんと元気に遊ぶのは大好きのようです。

以上のようにその大型で堂々とした風貌、優雅な毛並み、そして紳士的な性格に魅力を感じたという方はぜひメインクーンを飼うことを検討してみてはいかがでしょうか。

4. ヒマラヤン

こちらを見つめるブルーの瞳のヒマラヤン

ヒマラヤンは長くフワフワとした毛並みに耳、顔、足先などに色が付いたポイントカラーが特徴の猫として知られています。

名前の由来

ヒマラヤンという名前はその被毛がヒマラヤウサギという同じく、ポイントカラーのうさぎによく似ていたことからそう名付けられました。ヒマラヤンの長毛の毛並みはフワフワなだけでなく、ツヤがありとてもなめらかな手触りをしています。

性格傾向

性格に関しては猫種の改良の過程でペルシャを掛け合わせているため、非常に穏やかで静かな性格をしているようです。子供や他の同居猫とも仲良くできる、とても優しい性格の猫種であると言われています。飼い主に対してはそこまでベタベタしませんが、愛情深く膝の上に自分から乗ってきたりもするようです。

このようにヒマラヤンは非常に触り心地の良い毛並みと性格の穏やかさを持ち合わせた猫種なのです。また、猫の模様で特にポイントカラーが好きという人にもぴったりな猫でしょう。

まとめ

ロン

いかがでしたか?モフモフとした毛並みを持つ可愛らしい猫種がたくさんいましたね。

今回ご紹介した猫たちは見た目も可愛らしく性格も飼いやすいとされていますが、長毛種ならではの被毛のケアの大変さなどもありますので、家族に迎える際はお手入れがきちんとできるかどうかよく考えて飼育を検討すべきでしょう。

また、同じフワフワの毛並みの猫でも遊び好きでアクティブ、穏やかでゆっくりするのが好きというなどという猫種ごとの違いがありますので、自分の生活スタイルに合った猫種を選ぶのも大切なことでしょう。

スポンサーリンク