猫の『テンションが上がる!』楽しい遊び方7つ

猫の『テンションが上がる!』楽しい遊び方7つ

「猫のおもちゃを買ったけど、なんだかあまり乗ってこない」ということはありませんか?そんなときは、遊び方を色々試してみましょう。猫がワクワクする遊び方をご紹介します。

1140view

1.虫のようなものを捕まえる

クッションに隠れた棒を狙う猫

新聞紙やバスタオルを広げ、その下で猫じゃらしや紙を細く丸めた棒などを動かします。新聞紙やバスタオルの下からカサカサと音がしたり、もぞもぞと動いたりする様子が、虫がいるように感じて、猫の狩猟本能を刺激し、テンションアップするんです。

猫じゃらしは、ちらっと見えるように出して、猫が気がついたらサッと引っ込めてみましょう。一気に遊びに真剣な顔になると思います。我が家の猫たちも、この遊びが大好きです。

2.おもちゃを追いかける

ネズミのおもちゃを噛む猫

ネズミなどの小動物が移動する様子を再現するように、猫じゃらしを動かします。ゆっくり動かしたら急に速く動かす、ジグザグに動かす、急に止まるなど、不規則な動きを意識すると、猫が興味を示してくれるでしょう。壁や家具、座布団などに沿って動かすと、よりネズミっぽい動きに見えて猫がワクワクしてくれます。

3.ジャンプしておもちゃを捕まえる

ジャンプしておもちゃを捕まえる猫

釣り竿タイプの猫じゃらしは、鳥の動きをイメージして動かすと、猫の狩猟本能を刺激して激しく遊んでくれるでしょう。弱った鳥のように、猫じゃらしを床でバタバタと動かします。

猫が猫じゃらしに興味を持って近づいてきたら、猫じゃらしを上にひき上げます。すると、猫がジャンプして捕まえようとするので、これを3回ほど繰り返します。最後は猫に捕まえさせてあげましょう。

4.狭い場所にいる獲物を捕まえる

隙間からのぞく猫

岩と岩の間のような狭い場所は、獲物がいそうで猫がワクワクします。おうちでは、猫の前足が入るほどの穴を開けたダンボール箱の中におもちゃを入れたり、猫じゃらしを動かしたりすると、猫が大興奮して遊んでくれるでしょう。

自分から狭い場所におもちゃを運んで遊ぶ猫もいます。家具の下の隙間におもちゃを入れて、前足でおもちゃを出したり入れたり、上手にひとりで遊ぶこともあるんです。

5.音から獲物を探す

香箱座りをして横を向く猫

猫から見えない場所で、音がなる猫じゃらしなどを動かしてみましょう。「どこから音がするんだろう?」と耳を澄まして探し始めます。おもちゃを発見できると、達成感でテンションアップです。

6.狭い場所で遊ぶ

紙袋の中にいる黒猫

猫は狭い場所に入るのが好きですよね。狭くて落ち着く自分だけの場所、ガサガサと音がなってワクワクするなど色々と楽しめます。おもちゃを袋の中に投げ込む、猫が入っている袋の上でおもちゃを這わせるなどすると、さらに楽しく過ごしてくれるでしょう。

7.飼い主さんとかくれんぼ&追いかけっこ

隠れて顔だけ出す猫

おもちゃで遊ぶだけではなく、大好きな飼い主さんと遊ぶのも猫のテンションがあがる遊びの一つです。猫から見えないように壁などに隠れて名前を呼びます。ちらっと顔を見せて、猫が気がついたら隠れます。また猫が気がついたら逃げて、追いかけっこのスタートです!ひらひらしたリボンを持って逃げると、猫がもっと楽しく追いかけっこに参加してくれるかもしれません。

まとめ

ジュ

遊びで猫を楽しませるには「狩り」をイメージさせるのがおすすめです。ただおもちゃを動かすのではなく、虫、ネズミ、鳥など猫が獲物とする小動物の動きを真似してみましょう。真剣な表情でおもちゃを追いかけたり、飼い主さんと追いかけっこしたり、普段とはちょっと違うテンションの高い姿がみられるかもしれません。

スポンサーリンク