猫が『一緒に寝たがる』時の心理5つ

猫が『一緒に寝たがる』時の心理5つ

皆さんは夜、猫と一緒に寝ていますか?毎日一緒に寝る猫もいれば、気まぐれに寝床にやってくる猫もいると思います。猫は「気分屋」と呼ばれますが、いずれの場合も、飼い主さんと一緒に寝たがるには理由があります。いったいどのような理由があるのでしょうか?

2904view

1.布団が心地良い

布団の上で眠る猫

猫は居心地の良い場所を探す名人。寝るときも、心地の良い場所を求めて移動を繰り返します。柔らかい布団や毛布は、猫にとって寝心地が良い場所なのです。また、飼い主さんの匂いがついている寝床は、まさに安心できる場所。心地良く寝ることができるのでしょう。

2.飼い主を信頼している

腕の中で眠る猫

猫は野生時代、単独で狩りをし、いつ敵に襲われるかわからない緊張状態に常に晒されていました。そのため、猫の眠りのほとんどは浅い眠り。高い木の上など、安心できる場所を見つけ、休息をとっていたのです。

そんな警戒心が強いはずの猫が、飼い主さんと一緒に寝たがるのは、それだけ飼い主さんを信頼していると言えます。飼い主さんの側で無防備な姿で眠る姿は、何とも愛らしいですよね。

3.子猫気分が抜けないから

ぬいぐるみと眠る猫

去勢や避妊手術を行った猫は、子猫気分が抜けないと言われています。子猫は、母猫や兄弟たちと寄り添って眠り、暖をとったり、お互いの身を守っています。成長しても甘えん坊タイプの猫は、子猫気分が抜けないため、お世話をしてくれる飼い主さんのことを母親のように慕い、寄り添って寝たがるのです。

4.寒いから

布団の中に入る猫

猫は、気温の変化にとても敏感な動物。快適な温度を求めて移動を繰り返します。寒い日の日中は日向ぼっこをしていますよね。しかし、日が当たらない夜は、猫が寒いと感じる時間帯。飼い主さんの布団の温かさを求めて、上に乗ったり、潜り込むことがあるでしょう。

我が家の猫も、冬は布団の中に入って来ることがあります。入ってきた日は「今日は寒いんだなぁ」と、猫が布団に入ってきたかで寒いかを判断できるというわけです。

5.甘えたいから

甘える猫

長時間、飼い主さんが留守にしたときなど、寂しい気持ちから甘えてくることがありますよね。大好きな飼い主さんと一緒に寝て、くっついて甘えたい気持ちなのでしょう。

まとめ

腕の中で眠る猫

いかがでしたか?猫が布団に来ると、潰してしまわないか、気になって仕方ないという飼い主さんも多いでしょう。そんな飼い主さんの気持ちにお構い無しでぐっすり寝ている姿を見ると、拍子抜けしてしまいますよね。しかし、一緒に寝る時間は、飼い主さんにとっても至福のひとときではないでしょうか。愛する猫との絆を深める時間なのです。

スポンサーリンク