猫を『ガッカリさせてしまう』飼い主のNG行動5つ

猫を『ガッカリさせてしまう』飼い主のNG行動5つ

猫は、日中はほとんど寝て過ごし気の向くままご飯をねだったり、甘えたり、自由気ままでマイペース。「のほほん」と過ごしているように思われがちですが、意外なほど「好きなこと」と「嫌いなこと」がはっきりしています。皆さんは、猫にどのように接していますか?愛する猫に嫌われてしまったら悲しいですよね。猫も、日頃の飼い主さんの行動にガッカリしてしまうこともあるのです。それはどんな行動なのでしょうか?

2334view

1. 気まぐれに構う

不機嫌な猫

飼い主さんの都合で、気まぐれに構っていませんか?猫は、寝ているとき、ご飯を食べているとき、毛繕いをしているときなど、何かに集中しているときに邪魔をされることを嫌がります。

自分が時間を持て余しているからといって、無理に遊びに誘ったり、抱っこしようとするのはNGです。猫が飼い主さんにガッカリしてしまう行動の一つです。

2. リアクションが大きい

隠れる猫

猫は、人間よりも遥かに優れた聴覚の持ち主。人間には聞き取れない高音まで聞き取れるため、大きな声や音は、猫にとってはまさに騒音なのです。

大きな身振り手振りも同様、猫に警戒心を抱かせてしまいます。大声で笑ったり、大きなリアクションをする飼い主さんにはガッカリすることも…。猫の前では、ゆっくり静かな動作を心がけましょうね。

3. 香水をつける

抱っこをされる猫

猫は聴覚だけではなく、嗅覚にも優れています。そのため、匂いにはとても敏感。人間にとっては「良い香り」であっても、猫にとっては激臭と感じることもあるのです。大好きな飼い主さんであっても、香水の匂いがする体では、抱っこをさせてもらえないかもしれません。猫をガッカリさせないように香水をつけるのはひかえましょうね。

4. 居場所を探る

ハウスの中の猫

猫の姿が見えないと、気になって家中を探してしまう…。そんな飼い主さんも多いかもしれません。しかし、飼い主さんの側を離れ、姿が見えないときは猫が一人になりたいとき。落ち着ける場所を探し、眠ったりくつろいでいるのです。

そんなときに、飼い主さんが大きな声で名前を呼び、居場所を探るのはNG。「自分のリラックスタイムを邪魔された」と飼い主さんにガッカリしてしまうでしょう。探るのはやめ、そっとしておいてあげましょうね。

5. 酔っぱらって絡む

不機嫌な猫

酔っぱらって帰ってきて、大きい声で話かけたり、無理矢理抱っこをしていませんか?猫も、大好きな飼い主さんが酔っぱらって、しつこく構ってくる姿にはガッカリしてしまうでしょう。愛する猫に嫌われてしまわないように気をつけましょうね。

まとめ

怒っている猫

いかがでしたか?猫は、「自分が用事があるとき以外は放っておいてくれる人」を好みます。可愛さ故に、ずっと見ていたい、触っていたいという気持ちもわかりますが、気まぐれな猫にとっては迷惑なこと。基本的には「放っておく」くらいがちょうど良いのです。愛する猫にガッカリされないためにも、猫の気持ちを考えて行動してみてくださいね。

スポンサーリンク