猫にとって『安全なオモチャ』の選び方4つ

猫にとって『安全なオモチャ』の選び方4つ

猫が楽しく遊べたとしても、危険が伴うオモチャは当たり前ですが適切とはいえません。安全に遊べるものを選んであげましょう。どのような点に気をつければ良いか、オモチャ選びのポイントを4つ挙げてみました。ぜひ参考にされてみてください。

892view

1. 口の中に入らない大きさ

毛玉に噛み付く子猫

猫のオモチャトラブルで多いのが「誤飲」です。獲物と勘違いした猫が本当に飲み込んでしまい、体内で詰まってしまうのです。場合によっては外科手術が必要になることも。十分に注意してください。

誤飲を防ぐにはまず、猫の口にすっぽりと入ってしまわない大きさのオモチャを選ぶことが大切です。また、遊んでいるときに飼い主さんが近くで見ていてあげるとより安心です。

2. パーツが取れない

オモチャの上に乗っている猫

猫のオモチャの中には細かいパーツが付いているものがあります。そのようなオモチャは遊んでいるうちに取れて、飲み込んでしまうかもしれません。

パーツが取れないようにしっかりと付けられているもの、もしくは細かいパーツがないものを選びましょう。猫が好むオモチャ選びも大事ですが、安全性も欠かすことができません。購入する前に隅々まで観察して、安全に遊べるかを確かめましょう。

3. 壊れにくい

ネズミのオモチャを捕まえて寝転ぶ猫

壊れにくいことも、猫が安全に遊ぶ上で大切なポイントです。猫が噛んだり引っ掻いたりする力は予想以上に強いです。今日買ったオモチャが、すぐボロボロになってしまうということもあります。

使い捨て同然で与えるのなら良いですが、気をつけたいのが誤飲です。壊れたオモチャの一部が猫の体内に入ってしまったら…。体の中で詰まって大変な事態になるかもしれません。基本的には猫が噛んでも引っ掻いても壊れないような丈夫なものを選んであげてください。

ただ、硬めのセロハンのような素材を好む場合もあります。猫が壊して飲み込まないように、飼い主さんが近くで見ているところで遊ばせてあげましょう。

4. 年齢に合わせる

毛玉とこちらを見つめる子猫

猫の年齢に合ったオモチャを与えることで安全性が高まります。子猫のうちはとにかくやんちゃなので、噛んだりじゃれたりして遊べるオモチャが適しています。具体的にはロープでできたものや蹴りぐるみなどでしょう。

成猫になると狩りを擬体験できるようなオモチャが良いので、猫じゃらしや音が鳴るものが適しています。愛猫の興味をそそるようなオモチャを選んであげてください。

老猫になっても活発に遊ぶ猫もいれば、おとなしく過ごすのが好きな猫もいます。性格に合わせたものを選んであげましょう。

まとめ

たんぽぽ

一言で猫のオモチャといっても数え切れないくらい種類があり、選ぶ飼い主さんも迷ってしまうでしょう。喜んでくれるかもと思って買っても、見向きしてくれない場合も多々あります。

ですが、いろいろと試しているうちにだんだんと、好みが分かってきます。安全でなお且つ、猫の興味を惹くようなオモチャを与えてあげましょう!

スポンサーリンク