猫が『安心しきっている』ときに見せる仕草5つ

猫が『安心しきっている』ときに見せる仕草5つ

本来ならば警戒心が強い猫。でも飼い猫になって安心しきっていると、野生では到底お目にかかれないような仕草を見せてくれることがあります。それはどんな行動でしょうか?

5105view

1. お腹を見せる

緑のマットの上でお腹を出して寝転がる猫

やはり猫が安心しきっているというときの仕草の代表格は「お腹を見せる」でしょう。急所を無防備にも晒しているのですから、危険を感じていたらするわけがない行動です。

「ここには危険なものは何もないにゃん。」そう感じているからこそ、あの可愛い仕草を見せてくれるのです。でも猫の性格にもよります。ものすごく警戒心が強ければ、たとえ安心していたとしてもお腹を見せることはあまりないでしょう。

ですから愛猫がお腹を見せてくれなくても、気にすることはありません。他の安心しきってるときの仕草もありますので、ぜひご参照ください。

2. ゴロゴロいう

男性に抱っこされて目を閉じる猫

ゴロゴロと喉を鳴らすのも、安心している証拠です。飼い主さんに撫でられているとき、側にいて快適なときなど、幸せそうな顔をしてくれることがあります。そんなときは間違いなく、安心しきっているでしょう。幸せそうな猫の顔を見て、飼い主さんも癒されます。

ただ猫のゴロゴロは体の不調があるときや、死期が近いときにも聞かれます。もし苦しそうな様子でいたら、安心しているわけではないのでしょう。十分気をつけてあげてください。

3. ふみふみする

猫の前足

猫が最高潮に甘えているときとされているのが「ふみふみ」です。これは子猫が母乳を飲むときにする仕草。その頃を思い出して安心感に浸っているのです。

ふみふみしているときの猫の表情にご注目ください。目がトロンとしてどこか夢見心地になっています。脳内はお花畑。これも安心していないと出ない仕草です。もし飼い主さんのお腹などでふみふみしてきたら、ほぼ100%心を許してくれていると思って間違いありません。爪が刺さって痛い思いをすることがありますので、事前にカットしておきましょう。

4. 乗ってくる

寝転がる飼い主さんの胸の上に乗る猫

飼い主さんが猫にやられがちなのが、「乗られる」ことです。結構な頻度で乗ってきませんか?他の道があるにも関わらずわざわざ踏んでいくことも多いです。

これも安心しているからの行動だと考えることができます。警戒している人の上になんて乗ったら、何をされるか分かりませんから。安心安全だと思っているからこそ、わざと乗ってくるのです。通り道にされることもあれば、そのままクッションにされることも。様々なバージョンがありますので、お楽しみください。

5. されるがまま

カップを持った飼い主に抱かれている猫

安心しきってされるがままになる猫もいます。飼い主さんにお腹をユスユスされようがギュギュッとされようが、悟りきったような表情で無抵抗なのです。

これも信頼と安心がなせるわざでしょう。お互いに大好きだからこそ成り立つことです。猫がされるがままになっているときは安心しきっているとき。ここまで心を許してもらえたら、猫飼い冥利に尽きますね!

まとめ

ねむ

猫が安心しきっているときはご紹介した仕草で教えてくれます。心が行動に現れているのです。猫と深い信頼関係が築けている証拠です。もっとデレデレになってもらえるように心がけていきましょう。

スポンサーリンク