猫が高いところが好きなのはなぜ?理想の高さはどのくらい?

猫が高いところが好きなのはなぜ?理想の高さはどのくらい?

猫は、優れた身体能力を活かして高い場所へと登りたがります。なぜ高所を好むのでしょうか?今回はその理由と、家庭内での理想の高さについてご紹介いたします。

1245view

猫はなぜ高い場所を好むの?

タワーで遊ぶ猫

愛猫の居場所がわからずに探していると、高い場所でくつろいでいることがよくあると思います。なぜ高い場所が好きなのでしょうか?

それには猫ならではの習性が関係しています。次に紹介する主な理由を、猫の気持ちになりながら想像してみてください。

広範囲を観察できるから

木に登る猫

野生の猫にとって、周囲の観察は重要な任務です。高所から周囲を見渡すことで、より広範囲に観察することが可能になります。これは身を守るための手段です。

野生を知らない家猫にも本能が備わっているため、家庭内で登れそうな場所を見つけては観察を楽しんでいます。飼い主さんの意外な一面を見られているかもしれません。

天敵に見つかりにくく落ち着くから

眠る猫

猫を始めとするネコ科の動物は、木の上でうたた寝をすることがあります。優れた平衡感覚と身体能力を持ち合わせた猫ならではのリラックス方法です。

高い場所は天敵に見つかりにくく、逆に天敵の襲来にいち早く気づけるポジションです。だから自然と落ち着く場所になるのです。

優位に立ちたいから

寛ぐ猫

猫は、人間や他の動物に対して明確な上下関係を重視することはありません。ただし気まぐれで、自分の都合を優先する特徴があります。

どんなに楽しく遊んでいても、満足した途端やめてしまうのが猫です。無理やり抱かれたり、しつこく構われることを防ぐという意味でも優位に立ちたいと思うのです。そして、それが叶う場所が高いところなのです。

ストレスの可能性もある

覗き込む猫

高所から降りてくる気配がなく、食事やトイレにも移動しないようであれば、好んでいるというよりもストレスが疑わしいでしょう。

猫は警戒心が強いので、些細なこともストレスになり得ます。降りると危険と判断しているのかもしれません。原因を探り、愛猫が安心して過ごせる環境を整えましょう。

実は降りることが苦手

棚に座る猫

猫は柔軟性の高い関節と、自在に出し入れができる爪を駆使して高い所へと登ります。また、ジャンプも得意で、体高の約5倍程度の高さを飛ぶことができると言われています。具体的な高さとしては概ね1.5m程です。

しかし、残念なことに一つ重大な弱点があります。それは、降りることが苦手ということです。何気なく登ってみたものの、降りられずに困惑することも珍しくありません。

高所からの落下は、家庭内での怪我や事故の原因の一つです。

家猫にとって理想的な高さとは?

抱かれる猫

猫は先ほど示した1.5mに限らず、条件が整えばどこまでも登ってしまいます。家庭内では、飼い主さんの手が届く位置をマックスの高さと考えると、安全で理想的。これは、万が一降りられなくなった際に手助けをするためです。

家具の配置を工夫して階段のようにする、高すぎる場所は登れないように障害物を置いておくなどの対策を講じましょう。留守中は、心配であればケージの活用も視野に入れて考えてみてください。

まとめ

ハンガーラックの上の猫

猫は、厳しい野生の環境をひとりで逞しく生き抜いてきた動物です。その感覚と危機感のようなものは、家猫になっても健在です。

飼い主さんの手が届く範囲でリラックスしているのであれば良いですが、警戒しているのであれば落ち着いて過ごせる工夫をしてあげましょう。

猫は驚くほど降りることが苦手です。登りやすく降りやすい環境を作って、楽しく上下運動ができるように整えてあげてください。

スポンサーリンク