猫が気になるもの5つ!命の危険があるものには事故防止対策

猫が気になるもの5つ!命の危険があるものには事故防止対策

生活用品には猫の好奇心をくすぐるものが多く、命に関わる事故を招いてしまうことがあります。今回は、悲しい事故を未然に防ぐために、猫が興味を持つものとその危険性、安全対策をご紹介いたします。

1192view

猫が興味を持ちやすい危険なもの

おもちゃで遊ぶ猫

猫は好奇心旺盛な動物です。人間が使用する生活用品や、嗜好品の中には猫が興味を持ってしまうものがありますが、思わぬ怪我や事故を招いてしまう可能性も。

ここでは、猫が気になってしまう危険なものと、その対策を5つご紹介いたします。

1.ケーブル

充電器

電化製品に囲まれた人間の生活には「ケーブル」が必須アイテムです。電気が通るこれらのアイテムは、使用法を誤ると人間でも危機に見舞われます。

猫には電化製品や感電という概念がありません。ケーブルの類は皆、トカゲやヘビのような小動物に見えています。これらは獲物や天敵です。

狩りを目的に遊んでしまうことから、単に叱っただけではやめてくれません。感電予防のためにケーブルを隠したり、カバーを被せるなどの策を講じましょう。

2.網戸

トカゲを眺める猫

完全室内飼育の猫は、外に出たいという願望は薄いと言われています。ただし、網戸を這う虫や鳥の動きには俊敏に反応してしまいます。

換気のために窓を開ける機会が多いと思いますが、網戸を過信するのは危険です。猫がよじ登る、突進するなどの刺激で簡単に外れたり破損してしまいます。

ペット用の頑丈な網戸やストッパー、フェンスなどのアイテムを上手に活用すると安全に過ごすことができます。

3.ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機

猫がいるご家庭で、ドラム式洗濯機を使用する場合は要注意です。猫が閉じ込められるという悲劇が起こる可能性があります。

事故が起こりやすいシチュエーションは、洗濯機の扉を開放しているときです。猫は狭くて薄暗い場所を好みます。知らぬ間に愛猫が侵入していることがあり、何らかの刺激で扉が閉まってしまうと出られなくなってしまいます。

猫を洗濯機に近づけないようにすることが理想的ですが、難しい場合は洗濯機の扉を閉める癖をつけましょう。乾燥目的で開放する際は、タオルを挟み込んで閉まらないようにすると安全です。

4.メンソールのたばこ

たばこ

猫は本来、たばこの匂いを嫌う傾向にあります。ところがメンソールのたばこは例外で、逆に好んでしまうことがあります。

その理由はマタタビです。マタタビの匂いとメンソールの匂いが似ていることから、積極的に近づいてしまいます。最悪の場合は食べてしまうことさえあるので大変危険です。

猫の前でたばこを出さないことはもちろんのこと、猫が取り出せない戸棚に収納することを徹底してください。

5.アクセサリー

アクセサリー

キラキラと光る宝石類や、じゃれると音が出るネックレスなどは猫にとって格好のおもちゃです。触れようとすると飼い主さんに叱られると分かっていても、遊びたくて仕方ありません。

目を盗んで遊んでしまう可能性は高く、誤飲の危険があります。万が一飲み込んでしまった場合は、速やかに動物病院を受診しましょう。状況次第では手術が必要になります。

アクセサリーは、インテリアとしても部屋に彩りを加えることのできる優れものです。しかし猫がいるご家庭では、引き出しに入れて保管することをおすすめします。

猫のイタズラを防ぐ秘訣

遊んでもらう猫

イタズラによる怪我や事故を防ぐためには、安全対策だけでは不十分であり、日頃から愛猫の心を満たしてあげることも大切です。

愛猫に関心を持っているという安心感を与え、一日に数分程度遊びに付き合ってあげましょう。飼い主さんに愛されていると確信すると、不安からイタズラをすることがなくなります。

まとめ

遊ぶ猫

猫が心を惹かれるものは、狩りを連想させるものや、野生の本能をくすぐるという特徴があります。安全に本能を満たせる代用品を用意することも有効な対処法です。

愛猫とのコミュニケーションも大切にし、やむを得ず叱る際は短い言葉を使い、現行犯で簡潔に注意するように心がけましょう。

スポンサーリンク