猫にとって『最高!』の住宅環境とは?ポイント5つ

猫にとって『最高!』の住宅環境とは?ポイント5つ

猫が最高だと思う住宅環境とは、一体どんなものでしょうか。お金に糸目をつけずにポイントをまとめてみました。果たしてどんな環境を猫は喜んでくれるのでしょうか?チェックして行きましょう。

1052view

1. キャットウォークが充実している

キャットウォークで遊ぶ猫

キャットウォークが充実している家なんて、猫はきっとワクワクしてしまうでしょう。自由気ままに気の向くまま、満喫している姿が目に浮かびます。高いところにあるキャットウォークは猫が避難するのにも、下界を観察するのにも最適です。

動線が考えられていると行き来がしやすく、ひょいひょいと活動できます。猫のためにキャットウォークを設置したい!と考える飼い主さんは多いでしょう。手作りでも作ることができますので、もし可能なら挑戦してみても良いのではないでしょうか。

2. 日向ぼっこスペース完備

日向ぼっこをしながら毛繕いする猫

猫にとって日向ぼっこは大切です。体内時計を整えたり精神状態を整えたりと、重要な役割を果たしているのです。ですから、思う存分日向ぼっこができる住宅環境があれば、一日中そこにいるかもしれません。

一般的には、出窓辺りがお気に入りスペースになることが多いようです。クッションなどを用意してあげるとより快適に過ごすことができるでしょう。猫が幸せそうな顔をして日向ぼっこをしている姿は、見る人に幸せを分けてくれます。ぜひ充実したスペースを用意してあげてください。

3. 爪とぎ場所も完備

ポール型の爪研ぎで爪をとぐ猫

爪とぎもとても大切なものです。というか、爪がとげなければストレスを溜め、そこかしこでバリバリしてしまうでしょう。柱や壁が傷つくのを防ぐのならきちんと爪とぎ場所を用意してあげてください。猫によって素材や縦横などの好みがあります。フィットした爪とぎ場所にしてあげましょう。

4. キャットドアで自由に行き来

キャットドアを通って部屋に入る猫

キャットドアがあると飼い主さんの手を煩わさずに、猫が自由に部屋を行き来することができます。お互いにとってストレスなく、快適に過ごすことができます。ドアを閉めておくこともできるので、冷暖房効率も下がりません。

ひょっこりと現れたり消えたりする猫の様子を楽しむこともできるでしょう。ロックできるタイプのドアならば、例えば留守番中に行動範囲を制限することもできます。便利に使えるのがキャットドアなのです。

5. 滑らない床

お腹を出して床に寝転がる猫

フローリングは快適なのですが…。猫にとっては滑るのが難点です。ツルッとなって壁に激突、なんてことも。また足腰に負担がかかる場合が多いです。骨折や脱臼、ヘルニアなどの病気に繋がる可能性があります。

滑らない猫向きのフローリングで足腰に優しい住宅環境は最高!しかも、引っかき傷が付きづらくお手入れがしやすいものもあります。そのような素材を選べば猫も飼い主さんも快適に過ごせること間違いなしです。

まとめ

かんぱち とんとろ

猫にとって最高の住宅環境を整えるには、かなりの費用がかかることでしょう。ですから、なるべく理想の環境に近づけるように工夫していけば良いのです。もちろん、費用をかけられる人はこれでもか!というくらいに整えてしまっても良いでしょう。

でも1番大切なのは飼い主さんの愛情です。たっぷりの愛が何よりも最高の環境。惜しまず与えてあげてくださいね!

スポンサーリンク