猫飼いさんの防災に必要な備蓄・常備品5つ

猫飼いさんの防災に必要な備蓄・常備品5つ

災害時には飼い主さんと共に愛猫も避難する必要が出てきます。そんな時、どんなグッズを持っていれば良いのでしょうか?必須だと思われる品を5つ、挙げてみました。ぜひ参考にされてください。

902view

1. ハーネス

ハーネスをする猫

非常時に猫が逃げてしまわないよう、ハーネスは必須アイテムです。パニックになった猫が逃げてしまったらもう2度と会えなくなってしまう可能性があります。また、1匹でいるとどんな目に遭うかも分かりません。

愛猫の命を守りたければ、必ずハーネスは用意しておきましょう。そして装着する練習をしておくことも大切です。非常時に急に着けようとしても嫌がってしまうことがあります。おやつなどをうまく使い、ハーネスに慣れさせておきましょう。

2. キャリーケース

キャリーケース

猫を運ぶのにキャリーケースは必需品です。抱っこでは拒否されてしまうことがありますし、猫自身も落ち着きません。外の慣れない光景に怖がってしまうこともあります。

キャリーケースの中であれば狭くて暗いという猫が好きな環境が整っています。またある程度外からの刺激を遮れる為、落ち着いてくれるでしょう。あらかじめ猫の匂いがついタオルなどを一緒に入れておくとよりGoodです。

3. トイレ関係

トイレと猫

猫のトイレ、猫砂、ペットシーツなどトイレ関係のグッズは必ず用意しておきましょう。もしその辺で猫が用を足してしまったら、批難されてしまうことがあります。周りに迷惑をかけないよう、災害時用のものを準備しておくと良いでしょう。

猫の排泄物は非常に匂いが強いので、匂いが漏れないゴミ袋も必要です。市販されているものがありますので、必ずトイレ用品と合わせて準備しておきましょう。

4. フード関係

フードを見る猫たち

フード関係も必需品です。避難所に用意されている可能性は極めて低いでしょう。それに、いつもと違うご飯では猫のお腹に負担をかけてしまったり、食べないことが考えられます。

食べ慣れたフードを用意しておいてあげましょう。ただでさえ避難生活でストレスを感じているのに、フードまで違ってしまったらもう大変です。猫の負担を軽減する為にも、食べ慣れたものを準備してあげてください。

5. ケージ

ケージにいる猫

ケージを用意しておくと、猫が快適に過ごすことができます。キャリーケースも良いですが、いつまでも狭いキャリーの中ではストレスが溜まってしまうでしょう。かといって避難先の環境によっては外に出せない場合もあります。

そんな時、ある程度の広さがあるケージがあればその中で過ごしてもらうことが可能です。折りたたみ式であれば収納場所も取りません。愛猫に合ったものを探してあげましょう。

まとめ

消防隊に助けられる猫

いつくるか分からないのが災害です。なるべく早く用意していないものは買い揃えておきましょう。ご紹介したグッズはあくまでも一部です。他にも必要だと思うものがあれば、あらかじめ準備しておいてあげましょう。

スポンサーリンク