猫に嫌われてしまうNG行動5選!コレをする飼い主は愛猫から好かれない!

猫に嫌われてしまうNG行動5選!コレをする飼い主は愛猫から好かれない!

猫と接する時、どんな態度でいますか?実は飼い主さんが良いと思っていても猫にしたら迷惑!ということがなきにしもあらずです。可愛い猫に嫌われてしまったら大ショックです。そうならないように今のうちNG行動をチェックしておきましょう。

2946view

1. 行動を制限する

青空をバックに抱き上げられている猫

猫は自由を愛する動物です。というのも、行動を制限されると何かがあったときに逃げられず、命の危険を感じてしまうから。ですから、猫が嫌がっているのに離してあげなければ嫌がられてしまうでしょう。

場合によっては引っかかれたり噛まれたりしてしまうかもしれません。飼い主さんも危険な目にあう羽目になってしまいますのでご注意ください。猫を抱っこしたときなどは嫌がったらすぐに解放してあげるというのは基本です。

離さないことを繰り返していると危険人物と見なされて、近寄ってきてくれなくなってしまうかもしれません。

2. 構いすぎる

抱っこされて撫でられている猫

猫は構われすぎることが嫌いです。適度なスキンシップは必要とするものの、過度になると嫌がられてしまうでしょう。マイペースな生き物なので、そのペースを崩さないように配慮してあげてください。

猫が寝ているときに構うと睡眠を邪魔してしまうかもしれません。特に熟睡タイムを頻繁に邪魔すると睡眠不足になってしまう恐れがあります。なるべくゆっくりと寝かせてあげてください。

3. 構わなすぎ

寂しげな表情で伏せている猫

構われすぎるのを嫌がる猫ですが、逆に構わなすぎも嫌がります。どの程度構えば良いのか難しいところです。ただ飼い主さんとの適度なスキンシップは必要なので、猫が近寄ってきたときには構うようにしてあげてください。

飼い主さんの方からアプローチしても嫌がらなければ、お触りOKです。気持ち良さそうにしているようならそのまま、撫でてあげましょう。

4. 騒がしい

はしゃぐ子供から顔を背ける猫

猫は静かな環境を好みます。騒がしいとそれだけで嫌になってしまうでしょう。大きな音に敏感なのでなるべく静かにしてあげてください。

玄関のピンポン音、くしゃみ、手を叩く音、歓声などでもビクッとなります。全ての音を止めることはできませんが、なるべく猫を驚かさないように配慮してあげましょう。

5. キツい匂いがプンプン

ベッドの上で眠そうにしている猫

猫は柑橘系の匂いや香水、タバコの匂いなどが苦手です。飼い主さんからそれらの匂いがプンプンしていると嫌になってしまうでしょう。なるべく控えるようにしてあげましょう。

逆に飼い主さんの体臭は大好きなよう。足や脇など、嗅がれることがあるかもしれません。口を半開きにするフレーメンをしていたら、匂いの中にあるフェロモンを嗅ぎとろうとしています。

まとめ

撫でられてこちらを見つめている子猫

猫と仲良く暮らすには、彼らの感じ方や習性を理解してあげる必要があります。人の都合ばかりを押し付けるのではなく、上手に共存していく方法を探しましょう。

せっかくだったらお互いに楽しく暮らした方が良いはず。その道を飼い主さんが先導して見つけてあげてください。

スポンサーリンク