猫との絆を一瞬でダメにしてしまうNG行為4つ

猫との絆を一瞬でダメにしてしまうNG行為4つ

皆さんは日頃、猫にどのように接していますか?スリスリと甘えてきたり、側にピタッと寄り添う姿を見て、良い信頼関係を築けていると感じる方も多いでしょう。しかし、飼い主さんの何気ない行動により、猫との絆を一瞬で壊してしまうこともあります。それではどのような行動がNGなのでしょうか?

5820view

1. 怒鳴る

物陰に隠れて怯える子猫

猫にしてほしくないことをされて、思わず怒鳴ってしまっていませんか?聴覚が優れている猫にとって、大きい音や声はまさに騒音。怒りのあまり、大きい声で怒鳴ってしまうと、猫は不安や恐怖を覚えます。たとえ信頼する飼い主さんであっても、一瞬で絆をダメにしてしまう可能性もあるのです。怒鳴るのは絶対にNGです。

2. しつこく構う

こちらを睨む茶トラ猫

可愛さゆえに、ついつい構いすぎていませんか?「猫は自由気まま」なんて言われますが、自分のペースを乱されるのを嫌がります。特に、食事中や寝ているとき、毛繕いしているときなど、何かに集中しているときに構うのはNG。

しつこく触ったり、追いかけたりするような行為は、猫との絆を壊しかねません。猫が寄ってきたときに構うくらいがちょうど良いのです。

3. 叩く

怯えた表情で見上げる猫

「しつけのつもりで叩く」という方がいるかもしれません。イタズラをされたからといって、猫を叩いても逆効果。猫からしてみれば、遊びのつもりや、飼い主さんの気を引こうとしているだけなのです。反省するどころか、「攻撃された」と思い、飼い主さんへの不信感が生まれてしまうでしょう。「叩く」行為もNG行為の一つです。

4. 無理強いをする

不機嫌そうな表情の猫

猫が嫌がる行為を自分本位で無理強いしていませんか?無理やり抱っこをしたり、長時間のお手入れをしたりするのは、束縛されることを嫌う猫にとっては憂鬱な時間。爪切りや歯磨きなど、どうしてもせざるを得ない場合もあるとは思いますが、猫があまりにも嫌がる場合は中断しましょうね。

まとめ

ブランケットを被っている猫

いかがでしたか?飼い主さんが、自分本位の行動をしてしまうと、せっかく築き上げた信頼関係を一瞬でダメにしてしまうこともあるのです。猫は気まぐれでマイペース。猫の本質を理解し、猫にとって心地の良い飼い主さんでいられるよう、心がけましょうね。

スポンサーリンク