お迎えした猫のために『必ずした方がいいこと』5つ

お迎えした猫のために『必ずした方がいいこと』5つ

猫を迎えた方は、新しく始まる猫との生活に胸を弾ませていることでしょう。猫が幸せに暮らすためには、飼い主さんが猫のために快適な環境をきちんと整えてあげることが大切です。それでは、お迎えした猫に、いったい何をしてあげれば良いのでしょうか?今回は、必ずした方が良いことについてまとめてみました。

1202view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. トイレのしつけをする

トイレに入っている猫

まず、トイレは静かで猫が落ち着ける場所に設置します。そして、そこがトイレであることを覚えてもらう必要があります。

そわそわして臭いを嗅いだり、床を掻く仕草をしたら、トイレに連れて行き、中に入れてあげましょう。一度排泄をすると、自分の匂いがつき、自分のトイレであることを認識してくれるようになります。

トイレのしつけをきちんとすることは、飼い主さんも猫も快適に過ごすために、とても重要なことです。

2. お気に入りのおもちゃを見つける

おもちゃを狙う猫

猫にとって、おもちゃ=獲物。狩りが大好きな猫にとって、遊ぶことはストレス発散のためにも大切なことです。猫の狩猟本能を刺激するおもちゃで遊んであげましょう。どんなおもちゃを好むかは猫によって様々。

色々な種類のおもちゃを用意し、どのおもちゃに興味を示すかを観察してみてくださいね。鳥のように上下に動かしたり、ジグザクに這わせてみたり、獲物の動きを真似てみると良いでしょう。

3. 家の中を思う存分探索させる

歩いている猫

猫を迎えると、嬉しくて抱っこしたり撫でたりしたい気持ちになりますよね。しかし、猫にとっては初めて来た知らない場所。不安で緊張しています。はやる気持ちを抑え、猫の好きなように行動させてあげましょう。猫にとって、家の中のパトロールは大切な行動。

自分にとって危険な場所でないかを時間をかけて確認しているのです。パトロールが終わり、飼い主さんの元に寄って来るまでは、そっと見守ってあげましょうね。

狭い場所や物陰に入り込んでどこに行ったか分からなくなるのは困ります。どこへ行くのかしっかり見守るか、入り込めないように隙間をふさぎましょう。

4. 危険な物を片付ける

引き出しに入る猫

家の中には思わぬ危険が潜んでいます。猫は、高い場所や狭い場所が大好き。人が入れないような隙間に入り込み、出られなくなってしまったり、落下してケガをしてしまう可能性があります。

また、好奇心旺盛な猫は、落ちている小さな物を口に入れてしまうことも。飼い主さんが気づかぬうちに飲み込んでしまうと、命にかかわる危険もあります。家の中を見渡し、猫にとって危険なものがないかをしっかりチェックしましょう。

5. 健康をチェック

撫でられる猫

猫は、自分が撫でてほしいときには寄ってきて、飼い主さんの体の上に乗るなどの行動を見せてくれます。そんなときは、スキンシップをとる絶好のチャンス。優しく撫でながら、体に異常がないかをチェックしましょう。

腫れている部位や痛がる場所がないか、毛並みの状態や脱毛している箇所はないか。日頃のチェックで早い段階で異常に気づくことができるのです。

まとめ

ファミリーと猫

いかがでしたか?特に初めて猫を迎えた場合は、どのように接すれば良いか悩むこともありますよね。まずは新しい環境に早く慣れさせてあげることを第一に考えてあげましょう。

猫が安心できる居場所を用意し、猫の不安を取り除いてあげることから始めてみてくださいね。

スポンサーリンク