猫の声がいつもと違う…考えられる理由4つ

猫の声がいつもと違う…考えられる理由4つ

それぞれの猫達の鳴き方は一緒に暮らしている飼い主さんはよく分かっているでしょう。そのいつも聞いている猫の声に変化がある時は何があるのでしょうか、理由を探ってみましょう。

767view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. 発情期の声

楽しむ二匹の猫

いつもと違う猫の変な声の代表としては、発情期の声が一番特徴的ではないでしょうか。オス猫は低めの声、メス猫は高めの声でお互いに誘い合うように応え合います。遠くの相手にまで聞こえるよう大きく呼びかけるように鳴きます。

去勢や避妊の手術を行っていれば、ほぼ発情期の声は聞くチャンスはないかもしれません。しかし一度発情を経験した猫は発情時行動が減っても完全には無くならないようです。

2. 喉などの炎症

鳴く子猫

猫の声がしわがれてしまったり小さな声で咳混じりになっていたり、いつもと違う声の時は感染症が疑われます。年に一度のワクチン接種で防げる感染症も多いです。猫の健康のためにも忘れないようにしてくださいね。

3. 尿石症の可能性

トイレに入って鳴く猫

トイレでいつもと違う苦しそうな声で鳴いている時は尿路系の病気を疑った方がよいでしょう。猫は尿路関係に病気を発症しやすい生活スタイルを持っています。

普段から飲み水、水分の多い食事を与えるようにして、排泄の回数、尿の臭い色、量などをチェックしておきましょう。食欲と共に排泄は体調の基本的なバロメーターになります。

鳴くだけではなく猫がトイレに入ってしゃが無回数が多かったり、排泄をしたくても出ない時はすぐに病院を受診してくださいね。

4. 夜間に大きな声で鳴く

大声で鳴く猫

高齢の猫が大きな声で鳴く場合は、甲状腺機能亢進症の可能性もあります。夜間電気を消した時に鳴く時は猫の認知症の始まりという可能性もあるでしょう。

大声で鳴く時は、何らか猫からのメッセージが含まれていますので、早めに獣医師に相談すると良いでしょう。

まとめ

鳴く猫

猫の声がいつもと違う…考えられる理由4つについてお伝えいたしました。私の小さな頃は猫が外にいる事が多かったので、発情期の声で季節の始まりを感じていました。

年月の経過とともに猫との暮らし方にも大きな変化があり、より人間の生活に密着してきました。

猫や犬を始めとして、他の動物種と暮らす人はこれからますます多くなるでしょう。人間以外の動物の暮らしを知り、地球をより住みやすい場所にしていきたいですね。

スポンサーリンク