猫からの5つのアプローチでわかる飼い主の愛され度

猫からの5つのアプローチでわかる飼い主の愛され度

飼い主さんは猫をこれでもか!というくらいに愛しているけど、猫はどうなのか分からない…。片思いなのか両思いなのか気になるところです。良く見てみると、猫が飼い主さんのことを愛していることを仕草で表してくれているかもしれません。見逃さないようにしてください。

2142view

1. 舐めてくれる

男性の顔を舐める猫

猫がペロペロと舐めてくれるのは、仲間だと思ってくれている証拠。信頼もしています。猫は仲の良い同士で舐め合う習慣があるのです。それは飼い主さんに対しても同じよう。

相手が猫だろうが人だろうが、愛している場合はペロペロするのです。ただ猫の舌はザラザラしているので、痛みを感じることもあるでしょう。愛を示してくれている行動なのは確かですが、無理に我慢する必要はありません。もし痛いときは感謝の気持ちを持ちつつ、こちらが猫を撫でてあげると良いでしょう。心が通じ合いますよ!!

2. ふみふみしてくる

ブランケットに乗る猫の足

飼い主さんに向かって前足を交互にグーパー。いわゆる「ふみふみ」をしてくれるときは愛情度MAXといわれています。母猫のように心を許して甘えているのです。ですから、このアプローチをされたら相当愛されていると思って良いでしょう。

ただ爪をカットしておかないと、お肉にブスブス突き刺さって非常に痛い思いをすることが。猫の爪は日頃から、マメにお手入れしておきましょう。

3. 一緒に寝る

女の子に寄り添って眠る猫

気がついたら猫が添い寝してくれていた。こんなときも愛されていると思って良いでしょう。よほど信頼している人でないと一緒に寝ることはないからです。

つまり一緒に寝ても良いほど信頼しているし、それだけ安心ってことです。嬉しいじゃないですか。猫と寝る時間はとても幸せなもの。時には上に乗られて苦しい思いをするかもしれませんが、それも一緒に暮らしているからならではです。大切な時間を楽しんでいきましょう!

4. スリスリする

女性の顔にスリスリする猫

何かに付けてはスリスリしてくる猫、何で?って思いますよね。くすぐったいし動けないし、ちょっと困る…。こんなふうに思っていたら、猫なりの愛情表現だということを理解してあげてください。

猫のスリスリにはいくつか意味があるのですが、信頼している相手でないとすることはないでしょう。なぜなら至近距離に近づくため、危険な人にはできない行動だからです。猫がスリスリしてきたら「愛しているからやってるの」という気持ちを汲んであげてください。

5. しっぽを立てて近づいてくる

しっぽを立てて芝生を歩く猫

飼い主さんの方を見てしっぽをピンと立てて近寄ってきたら…。それは間違いなく愛されています。猫はしっぽで良く、自分の気持ちを伝えているのです。

ピンと立っているのは親愛の情がある証拠。飼い主さんを目にした途端、それまでだらんとなっていたしっぽがピンとなることは珍しくありません。良く観察してみてください。猫の気持ちが良く分かりますよ!

まとめ

うた

クールに見える猫ですが、実は様々な形で愛を伝えてきてくれています。それを見逃さないように注意してあげてください。せっかく愛を送っているのに、スルーされてしまっては悲しくなってしまうでしょう。しっかり受け取ってそしてお返しできるよう、ちゃんと見ていてあげてくださいね。

スポンサーリンク