秋の猫は食欲アップ?絶対NGな『ごはんの与え方』4つ

秋の猫は食欲アップ?絶対NGな『ごはんの与え方』4つ

夏は暑さのため食欲が落ち、秋に入り涼しくなってくると、食欲が戻ってくる猫が多いようです。夏はあまり動かなかった猫も、秋になると運動量が増え、それに比例して食事の量も増えるのでしょう。猫が健康でいるために、きちんと食事の管理をすることは、飼い主さんの大切な役目です。それでは、どのような与え方がNGなのでしょうか?

2587view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. 年齢に合わないフードを与える

お皿の前に座る猫

猫に必要な栄養素は、タンパク質、炭水化物、脂肪、ミネラル、ビタミンです。猫にとって必要な栄養素をバランス良く含んでいる「総合栄養食」と表記されているフードを選ぶようにしましょう。

しかし、総合栄養食だからと言って何でも良いわけではありません。これらの栄養素は、年齢によって必要なカロリーや必須アミノ酸の量が異なります。

例えば、子猫に成猫用のフードを与えると、消化不良を起こしてしまいます。反対に、成猫に子猫用のフードを与えると、栄養過剰となり肥満の原因になることもあるのです。年齢に合ったフードを与えるようにしましょう。

2. 量を考えない

キャットフードを食べる猫

猫は元々、獲物を1匹捕まえては食べ、また1匹捕まえては食べる習性があります。フードを置かれても、一度に食べ切らずに、少しずつ食べる猫が多いのは、この習性によるものです。

また、一度にたくさん食べてしまうと消化不良を起こす可能性もあるため、必要な量を複数回に分けて与えた方が良いでしょう。大切なのは、回数よりも量。量を考えずに、空になったからといって次々と足してしまうと、食べすぎてしまいます。

肥満の原因になりますので、年齢や体重に適した量を与えるようにしましょうね。

3. 人間の食べ物を与える

猫と苺

ひと昔前「猫まんま」と言って、ご飯に鰹節や味噌汁をかけて、与えていた時代がありました。しかし、過剰な塩分は猫の腎臓に負担をかけることになります。また、人間の食べ物だけでは猫にとって必要な栄養素を補うことができません。

食欲が増す秋には、ねだられることが多いでしょう。人間の食べ物の中には、猫には有毒な食べ物もあります。ねだられても我慢しましょうね。

4. おやつを与えすぎる

おやつをもらう猫

上述のように、猫に必要な栄養素を満たしているのが総合栄養食です。総合栄養食と新鮮な水があれば、猫の体は健康に保てるのです。

おやつは、少量をトッピング程度に与えるのは問題ないですが、主食にはなり得ません。我が家の猫は、総合栄養食に飽きると食べなくなり、おやつばかりねだるようになります。そんな時でもグッと我慢。

総合栄養食の上に少しだけおやつを乗せて、一緒に食べさせるようにしています。

まとめ

フードボウルの前で舌を出す猫

夏が終わり涼しくなってくると、人間同様、猫も食欲がアップするようです。ねだられるまま猫の体のことを考えずに与えてしまっては、肥満や病気の原因になりかねません。愛する猫のために、猫の食事の管理をきちんと行いましょうね。

スポンサーリンク