猫にしてはいけない『飼い主のNG態度』5選

猫にしてはいけない『飼い主のNG態度』5選

皆さんは日頃、猫にどのように接していますか?言葉を話せない猫の気持ちを読み取るのは、難しいかもしれません。そのため、何気ない飼い主さんの態度が、猫との信頼関係を壊してしまう可能性があります。猫にしてはいけない態度を知ることが大切なのです。それではいったいどのような態度がNGなのでしょうか?

2124view

1. 大声で叱る

怯えたような顔で見つめる子猫

例えば、猫が物を落とし壊してしまった…。そんなとき、大声で叱っていませんか?猫はとても優れた聴覚の持ち主。そのため、大声を出す人を嫌がります。しつけのつもりで大声で叱っても、不安や恐怖から飼い主さんに対する不信感が生まれるだけで、逆効果。

猫からしてみれば遊びのつもりだったり、飼い主さんの気を引こうとしたりしているだけなのです。叱ってもやめるわけではありません。どうしても壊されたくないものは、猫の手の届かない場所に置いておきましょう。

2. 叩く

驚いたように鳴いている猫

上述したように、猫がしてほしくないことをしたとき、大声で叱ってはいけません。叩くことも同様です。猫は叩かれた理由を理解するわけでもなく、恐怖心を抱くだけです。絶対にNGです。

3. しつこくスキンシップをとる

女性に抱っこされて撫でられるのを嫌がる猫

猫は甘えたいとき、構ってほしいとき、自分から寄ってきます。そんなときはスキンシップをとるチャンス。撫でてあげたり、おもちゃで遊んであげたりすると良いでしょう。

しかし、しつこく追いかけることや、過度なスキンシップはNG。シッポをバタバタと動かし始めたら、「もうやめて」のサインです。そっとしておいてあげましょう。

4. 甘やかしすぎる

人の手からおやつをもらう猫

猫が甘えた声で鳴きながらスリスリ…。何とも可愛いですよね。お腹がすいたのかな…。なんてねだられるまま、おやつを与え過ぎていませんか?

仲良くなるためのコミュニケーションの一つとして、おやつは有効ですが、食べ過ぎは肥満の原因に。回数や量を決めて与えるようにしましょうね。

5. 無理強いをする

椅子の下に隠れて怒っている猫

猫が隠れたり、寝ていたりするときは構ってほしくないときです。それを無理やり引きずり出したり、遊びに誘ったり…。飼い主さんの都合で無理強いをしてはいけません。猫が近寄ってくるまで、そっと見守ってあげましょう。

まとめ

不機嫌そうな顔の猫を抱く女性

いかがでしたか?猫は「のんびり気まま」に過ごしているように見えますが、実はストレスを感じやすい動物。飼い主さんの態度ひとつで猫を不安や不快な気持ちにさせてしまうこともあるのです。

「そう言えば…」と思い当たることはありませんか?猫に対する自分の態度を振り返り、猫とよりよい信頼関係を築きましょう!

スポンサーリンク