絶対NG!死の危険性もある『猫のイタズラ』4選

絶対NG!死の危険性もある『猫のイタズラ』4選

猫は好奇心旺盛で運動量も豊富な動物です。猫自身はイタズラと思って行動しているのではありませんが、人間と暮らしていると危険な遊びとなってしまう場合が多くあります。それでは見ていきましょう。

4393view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. 人間用の薬で遊んでいて誤飲!

薬に興味を持つ猫

人間用に作られている薬やサプリメントを猫がイタズラできるような場所に置いて、間違っても誤食させてはいけません。猫の体重は人間のおおよそ10分の1以下ですので、最悪な場合猫の命に関わってしまいます。

人間が薬を服用する時は、飲む分だけを出してすぐに猫の手の届かない所に片付けてください。万が一薬を落としてしまった時は、後悔しないように見つかるまで絶対に探しましょう。

2. ゴミ箱の物をチェックして食べる!

ゴミ箱を覗く猫

ゴミ箱には様々な物が捨ててありますよね。猫が興味を持ってしまう匂いを発している食べ物のゴミやお菓子の袋、ペットボトルのフタなど口の大きさに合うゴミが多く入っているので、猫の誤食を避けるようにしなければなりません。

ゴミ箱を漁るのを楽しみにしている猫にはフタの付いているゴミ箱や、猫が触れない場所にゴミ箱を移動しておきましょう。

3. 紐と戯れて誤食

紐で遊ぶ猫

宅急便に付いてきた麻縄やロールテープ、プレゼントのリボン、カーテンのほつれから出る糸くずなど、細いヒモ状の物に戯れたくなるのが猫です。

片付けていた場所から紐を持ってきたり、カーテンのほつれで遊んでしまい、飼い主の見ていない所で飲み込んでしまうことがあります。飲み込んでしまうと、消化管にひっかかってしまうことがあります。

引っかかっていない側のひもが肛門から出ている状況で、ひもを引っ張ると腸が切れてしまうことがあります。また、舌の根元に糸やひもが絡んでしまうこともあります。いずれのケースも命にかかわります。ヒモ類の片付けはしっかりやるようにしましょう。

4. 台所でのイタズラは危険

台所を歩く猫

台所は食べ物が出てくる所と猫が認識しているために、飼い主のいない時は台所を遊び場にしてイタズラをしている可能性が大いにあります。

台所には刃物や割れ物があり危険ですので、確実にしまっておきましょう。コンロも飛び上がれる高さですから、猫がスイッチを間違えて入れてしまわないように、安全装置を施しておきましょう。

まとめ

舌を出す子猫

猫にイタズラを注意するのは大変です。注意をしてもわかってくれないことがほとんどです。。

イタズラをしてしまうような危険性のある所へは猫を入れないようにする、もしくは猫にとって危険であろう物を生活から無くすか選択をすれば、猫との暮らしはより心配なく楽しむ事ができるでしょう。

スポンサーリンク