猫が家の中の物に猫パンチしているときの心理3つ

猫が家の中の物に猫パンチしているときの心理3つ

猫ちゃんがよく、家の中のものに猫パンチをしているのを見かけることはありませんか?実は、猫パンチにも様々な意味があるんです!では、猫ちゃんはどういった気持ちで猫パンチをしているのでしょう?気になりますよね。

664view

1.「あっち行けにゃ!」

掃除機を怖がる猫

猫ちゃんが嫌いな家電製品の代表ともいえる掃除機。これに猫パンチを繰り出している猫ちゃんはよくいるのではないでしょうか?

うちの猫も1匹は掃除機が嫌いで、よく「シャー!」という威嚇付きで、掃除機のヘッド部分に向かって強烈な猫パンチを繰り出しています。

これは、向かって来そうな掃除機に「あっち行け!」と言っているようにも見えますね。もちろん、掃除機が動き出したら即座に逃げる子が圧倒的ですが、動いていない掃除機に対しては「今なら勝てる!」と追い出しにかかっているのかもしれません。

2.「これはにゃんだろう?」

植物に興味を持つ猫

猫ちゃんが初めて見るものをつつくように、ソフトにちょんちょんとに猫パンチしている時は、初めて見るものに興味はあるけど安全なのか、攻撃してこないのかを確認していることもあるようです。この場合は触れることで安全を確認したり、それが何であるかを知ろうとしている時でもあります。

うちの猫の1匹は新しく買った黒い服や靴下、本などに警戒しながらそっと近づき、確認のためにつついたりしています。慣れるとスルーしたりしているので、やっぱり初めて見るものにはちょっと興味があるけど、警戒している状態なのかもしれませんね。

3.「遊びたいにゃ!」

おもちゃにじゃれる猫

猫ちゃんが置いてあるおもちゃに猫パンチをしている時は遊びたい時や、遊んでいる時です。また、ぶら下がっているものが好きな猫ちゃんなら、おもちゃではなく照明の紐や、家の中に干してある洗濯物などにも猫パンチをすることがあります。

特に遊びたい盛りの子猫によく見られますが、最初はパンチだけだったのにそのうち洗濯物に飛びつかれて落とされたり…などという可愛い光景も、我が家でもよくあるワンシーンです。照明の紐などはちぎられることもありますので、猫ちゃんの手の届く長さにしてあると、いつの間にか短くなっていることもありますね。

まとめ

あんこ

猫パンチは、猫ちゃんにとっては攻撃だけでなく、遊びたい時や初めて見るものの安全を確認したい時などにもされるようですね。攻撃の場合は強烈なパンチを繰り出しますが、興味のあるものに触っている時の猫ちゃんのパンチはちょんちょんと触っているようなパンチなので、爪を出したりもしていないでしょう。

また、飼い主さんに構ってほしい時に、飼い主さんに向かってソフトな猫パンチをしたりもしますので、見ていて飽きませんね。掃除機に向かっての猫パンチは本当にいい音がします。中には平気な子もいますけどね(笑)

スポンサーリンク