飼い主が猫にムッとしてしまうシチュエーション5つ

飼い主が猫にムッとしてしまうシチュエーション5つ

何をしても可愛い猫ですが、たまにその行動にムッとしてしまうことはありませんか?それはどんなシチュエーションでしょう。多くの飼い主さんはこれからご紹介することでムッとすることが多いようです。ぜひ見てみてください!

699view

1. ご飯を食べない

何かを訴えている猫

ご飯を出しているのに食べてくれない…。これはムッときます。グルメが多い猫なので、気にいらないと食べないことがあるのです。加えて食べなければもっと美味しいものが出てくると思っているパターンも。

これは、以前にご飯を食べなかった時に飼い主さんが他のフードを与えてしまったことが原因でしょう。一度味をしめるともう止まりません。猫と飼い主さんとの根気比べになりそうです。

どんなにグルメでも、さすがに空腹に耐えきれなくて食べることがありますのでそれまで待つと良いでしょう。ただ中には絶対に口にしない!という猫もいますのでその場合は飼い主さんが折れるしかないかもしれません。

2. 家の中を荒らす

トイレットペーパーと猫

帰宅すると家の中の様子がなんだかおかしい。こんなことはありませんか?恐る恐る見回してみると、ティッシュやトイレットペーパーがボロボロに!また変な匂いがすると思ったら、ところ構わず粗相されているかもしれません。

さすがの飼い主さんもこれにはムッとしてしまうでしょう。猫のおもちゃとなってしまいそうなものは、手の届く場所に置いておいてはいけないのです。

粗相をするのは何かしらの不満を感じている証拠です。トイレが気に入らない、飼い主さんがいなくて寂しい(分離不安)などが原因かもしれません。お布団やクッションをトイレと勘違いしているケースもあります。

いずれにせよ、後片付けが大変なので何かしらの対策が必要となるでしょう。

3. 呼んでも無視

無反応な猫

猫の名前を呼んでも呼んでも無視されてしまう。一緒に暮らす以上はそういうものだと思っておいた方が良い案件です。たまに気が向くと返事してくれることもあります。めんどくさそうにしっぽや耳などをわずかに動かして返事の代わりにしていることも。

猫の姿が見えなくて、心配になって必死に呼んでいるのに全くの無反応。冷めた目で飼い主さんの様子を無言で見つめていることもあります。猫にしたら飼い主さんの動揺など我関せずなのです。悲しい…。

4. 気まぐれすぎる

ぐっすり寝る猫

猫はご存知のように気まぐれすぎる動物です。遊んで!といった次の瞬間に窓の外の鳥に心を奪われていたり、撫でてといったのに突如として怒りだしたり。

猫の気分にいちいち翻弄されていたら疲れてしまいます。ですからほどほどにおつきあいしましょう。気まぐれだからと諦めるのも大切です。猫は猫のペース、飼い主さんは飼い主さんのペースで程よく接していくのが長続きの秘訣です。

5. 飼い主のものを占領

椅子を占領中の猫

ちょっと席を外した隙に、ソファや布団などを猫に占領されてた。こんなことも良くあります。あの素早さ、図々しさには苦笑いするしかありません。

多少ムッとしても受け入れて、肩身の狭い思いでソファや布団を使う飼い主さんが多いようです。当の猫は罪悪感のかけらもない顔で居座っていますので、もう手の打ちようがありません。

まとめ

舌をだす猫

一緒に暮らしているとたまにムッとすることもあり、楽しいこともあり。たとえ気分が害されたとしても許せてしまうのが不思議なところ。猫の魅力に敵う飼い主さんはいないのかもしれません。

スポンサーリンク