猫が外に出たがるときの対処法3つ

猫が外に出たがるときの対処法3つ

猫ちゃんが外に出たがることはありませんか?可哀相に思ってしまうかもしれませんが、外には危険がいっぱいです。飼い猫が外に出たがるときにはどのように対処したらいいのでしょうか。

740view

1. 避妊・去勢手術をする

術後服を着た猫

発情期の猫はパートナーを求めて外に出たがることもあります。もし、すでに発情期を迎えているけれど手術をしていない…という飼い主さんは、避妊・去勢手術をするのもひとつの対処法かもしれません。小さい頃に保護した猫ちゃんや、お家で生まれた猫ちゃんはこの方法で落ち着くこともあります。

ですが、手術にもリスクはあります。一度動物病院で獣医師に相談してみるのもいいでしょう。外は、車に轢かれたり、色々な感染症を持ち帰るなどの危険もあります。家出したまま帰ってこない子などもいます。大切な愛猫ちゃんを守るためにはできれば外には出したくないですよね。

2. キャットウォークなどを設置する

キャットウォーク

外には猫ちゃんにとっては楽しいこともあるでしょう。ですが、安易に外に出してしまうとそのまま帰ってこなくなったりしてしまう危険もあります。

家の中にキャットウォークを作ってみたり、キャットタワーを置いたりと、飼い主さんも猫ちゃんが家の中でも自由に動ける工夫をしなくてはいけませんね。

室内での行動範囲が広がれば、猫ちゃんもそれが楽しいと感じてくれることもあるでしょう。できるだけキャットウォークなどは設置してあげて、猫ちゃんが自由に歩ける場所を増やしてあげるのもいいかもしれませんね。

3. 自分のテリトリーを確認させる

ハーネスを付けた猫

保護したばかりの猫ちゃんなどは、まだ飼い主さんの家の中をテリトリーだと認識していない子もいるでしょう。そんな時は、猫用のハーネスを付けて家の周りを確認させるという手もあります。

外飼いするわけではなく、飼い主さんがリードをしっかりと握り、確認が済んだら家の中に入れましょう。案外、ここが自分のテリトリーだと認識すれば家の中で落ち着いてくる猫ちゃんも多いのです。

ですが、たびたび脱走を企てる猫ちゃんの場合には、より外への興味を強くしてしまうので、おすすめはしません。脱走防止のため、窓やドアを簡単に開けられないようにしたり、防獣ネットを張るなどの対策は必要ですね。

まとめ

外に興味を示す猫

野良猫を保護した場合などは特に、外に出たい猫ちゃんが多いでしょう。外に出たくて鳴く猫ちゃんを可哀相だからといって外に出してしまっては、猫ちゃんの命に関わる危険もたくさんあるのです。

ここで挙げた対処法はあくまで一部にすぎませんが、根気よく猫ちゃんと向き合うことで落ち着いてくれることを願いましょう。

飼い主さんがたくさんの愛情を注いであげれば、猫ちゃんも飼い主さんのいるお家が安心できる場所なのだと感じてくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク