猫が「ひとり」で遊ぶのに最適!安全で楽しいおもちゃ3タイプ

猫が「ひとり」で遊ぶのに最適!安全で楽しいおもちゃ3タイプ

飼い主さんが仕事などで、猫ちゃんと遊んであげられない時もありますよね。そんな時、猫ちゃんがひとりで遊ぶおもちゃには、どんなものがあるのでしょうか?楽しく遊んでくれるおもちゃがあるといいですよね。

836view

1. 動くタイプ

動くおもちゃと猫

猫ちゃんがじゃれるとバネで動いたり、電動だったりと色々な種類がありますが、どれも猫ちゃんの狩猟本能を掻き立てるおもちゃです。

電動の場合は、モーター音に警戒してなかなか遊ばない猫ちゃんもいたりしますが、多くの猫ちゃんは動くタイプのおもちゃでよく遊んでくれます。

うちの猫は、電動タイプが大好きで、よく私のところへ引きずってきては「電源を入れて~」とおねだりしてきます。でも、電源を入れてあげると自分で遊んでいてくれるので、その間に仕事や家事ができてとても楽だったりします。活発に獲物を狙うのが好きな猫ちゃんにはおすすめです。

2. 転がるタイプ

おもちゃで遊ぶ子猫

ボールなどが入っていて、猫ちゃんが「ちょいちょい」と触ったりすると転がるタイプもひとりで楽しく遊べるおもちゃのひとつです。転がっていって捕まえることができないため、どうにかして捕まえようと夢中になる猫ちゃんもいます。

ボール自体が好きな猫ちゃんもいるので、そんな猫ちゃんにはボールで遊ばせてあげてもいいかも知れませんね。我が家では、2匹目をお迎えするまではボールをあげると「ひとりサッカー」をして遊ぶくらい大好きでした。自分で転がして追いかけることが好きなのかも知れませんね。

3. つり下げるタイプ

おもちゃにじゃれる猫

ドアなどからつり下げるタイプや、上からぶら下がっているタイプなどは猫ちゃんが飛びつくたびに揺れるので、夢中になってじゃれる猫ちゃんもいるようです。

特に、猫ちゃんがジャンプしないと届かない位置にぶら下がっているものが良いようで、ジャンプすることで猫ちゃんの運動にもなるのでとても良いでしょう。

猫ちゃんにとっては、走り回るよりもジャンプするほうが運動としては有効なので、ちょっと高い位置にあるおもちゃにがんばって飛びつくのは運動不足解消にもなりますね。照明の紐などにじゃれるのが好きな猫ちゃんなら、このタイプがおすすめですよ!

まとめ

みるく

飼い主さんが仕事や家事忙しい時は、猫ちゃんがひとりで遊んでくれるととても助かりますよね。遊び疲れてそのまま寝てしまう猫ちゃんもいて、とても癒されます。

でも、いつもひとりで遊ぶのではなく、手が空いた時には飼い主さんがおもちゃを使って猫ちゃんと遊んであげることも大切です。

猫ちゃんと一緒に遊ぶことでスキンシップにもなります。でも、どうしても飼い主さんの手が離せない時には、猫ちゃんがひとりで遊べるおもちゃをいくつか用意してあげると猫ちゃんも飽きることなく遊んでくれるでしょう。

猫ちゃんの性格によって気に入るおもちゃも様々ですので、日ごろから猫ちゃんの性格などを見てあげるといいですね!

スポンサーリンク