猫にとって『過ごしやすい部屋』の条件5つ

猫にとって『過ごしやすい部屋』の条件5つ

せっかく猫を迎えたのだから、できれば快適に過ごして貰いたい。そう考える飼い主さんは多いでしょう。どういう部屋が猫にとって過ごしやすい部屋なのでしょうか?一緒に考えていきましょう!

28815view

1. 高い場所に登れる

キャットタワー上の猫

猫は上下運動を好みます。加えて高い場所が好きなので、過ごしやすい部屋にするには登れる場所を作ってあげましょう。気まぐれに登ったり降りたりして楽しんでくれます。

適度な高さのあるキャットタワーがおすすめですが、もし置けない場合は家具を高さ順に配置すると良いでしょう。階段のように猫が上り下りできます。

高いところでまったりする猫はとてもリラックスしています。ぜひ用意してあげてください。

2. 窓の外が眺められる

外を眺める猫

窓の外の景色を眺めるのは大好きです。ナワバリを見張る為、また気分転換の為に快適に眺められる場所を用意してあげてください。

出窓があればそこにクッションやベッドなどを置いてあげるとバッリチです。ぽかぽかと日向ぼっこしつつ外を眺めて、満喫してくれるでしょう。

3. 隠れ場所がある

隠れている猫

猫にとって隠れ場所はとても大切です。あるのとないのではストレスの感じ方が格段に異なってきます。段ボールなどでも良いので、必ず身を隠せる場所を用意してあげましょう。それだけで安心して過ごしてくれます。

何箇所か隠れ場所があると尚良しです。どこにいてもすぐに隠れられればそれだけ、安心感がアップするでしょう。

4. 心地良い寝場所がある

寝ている猫

1日のほとんどを寝て過ごす猫にとって、心地の良い寝場所は重要です。リラックスして休める場所、必ず用意してあげましょう。高価なベッドでなくても大丈夫。毛布やクッションなどがあれば、そこに自ら乗って眠るでしょう。

逆に高いキャットグッズには見向きもせず、それが入っていた段ボールに入るのは猫あるあるです。猫が気にいるのに、値段は関係ないことを覚えておいてください。

5. 適温

眠る猫

猫が過ごしやすい条件の1つに「気温」があります。飼い主さんが少し暑いと思うくらいが快適なのだそう。そして湿度は50〜60%程度が最適です。

ですから飼い主さんにとっての適温は猫には少し肌寒いかもしれません。暖かくなってきてもしばらくは、冬用ベッドなどを出しておいてあげましょう。

夏は熱中症になる可能性があるので、温度管理にはさらなる注意を。留守番させる場合は要注意です。クーラーをかけたり窓を開けたりして、涼しくしておきましょう。

まとめ

もか

猫が過ごしやすい環境を整えるのは飼い主さんの重要な役割です。とても繊細な生き物ですから、ちょっとしたことで体調を崩してしまうかもしれません。なるべくストレスを溜めずにゆったりと過ごせる室内を用意してあげましょう!

スポンサーリンク