猫もあいづちをうつ?会話が成立するナゾ

猫もあいづちをうつ?会話が成立するナゾ

猫に話しかけた時、あいづちをうってくれたらどう思いますか?良い感じで「ナー」などと言ってくれることがあるそうです。会話が成立したら嬉しいですね!どうしてあいづちをうってくれるのかその理由を探っていきましょう。

800view

以前飼い主さんが喜んでくれた

喜ぶ飼い主

以前たまたま飼い主さんが話しかけてきた時にあいづちをうったことでとても喜んでくれたので、味を占めてやるようになったのかも。きっと猫自身は意味が分かっていません。

でも飼い主さんが喜んでくれるから、良く分からないけどやっているのでしょう。可愛い猫の配慮です。嬉しいですね!

そういう性格

猫と女性

元々相槌を打つ性格、ということもあります。飼い主さんから発せられる優しい問いかけに反応しているのです。もちろん話の内容は全く分かっていないでしょう。

でも猫は人の言葉が分かっているという説もありますから、どちらが真実なのかは定かではありません。とにかく飼い主さんが話しかける声に反応し「にゃっ!」などとあいづちを打ってくれるのです。

本当にあいづちをうっている

少年と猫

本当にあいづちを打ってくれている場合もあるのだとか。あるアニマルコミュニーケーターの方のお話では、人間語を話せる猫がいるそう。「うん」や「いや」とかいえるのだとか。

にわかには信じがたい話ではありますが、猫は人間でいう2、3歳児程度の知能があるといいます。ですから単語程度なら話せても不思議ではありません。本当に会話としてあいづちを打ってくれているのなら、こんな嬉しいことはありませんね!

たまたま!

女性と猫

本当にたまたま、ということもありえます。このパターンがほとんどかもしれません。猫がたまったまのタイミングで鳴いた時に飼い主さんが話をしていて、それがあいづちのように思えたとか。

猫がすることをどう解釈するかは自由です。ですからあいづちを打っている!と思うのもOK。それで飼い主さんが楽しくなるのなら良いのではないでしょうか?

飼い主さんの声が猫の鳴き声に聞こえた

女性と猫

飼い主さんの声がもしかすると猫のように聞こえた可能性も。「ついに飼い主が猫語を話すようになった!」とビックリしたのかもしれません。それは思わず声が出てしまっても不思議ではないですね。

猫同士ではあまり鳴き声で会話することはないようですが、飼い猫はその通りでもないようです。飼い主さんとのコミュニーケーションに声を使うようになる場合があるので、猫語を話す飼い主さんと会話をしていることは十分に考えられます。

まとめ

なこ

猫があいづちを打ってくれたら嬉しいですね!会話が弾むというものです。愛猫とのおしゃべりを楽しんでいきたいもの。それもコミュニケーションの一種です。満喫しましょう!

スポンサーリンク