猫の『催促』サイン5つ

猫の『催促』サイン5つ

猫は人間の言葉を話せません。ですから仕草や行動で催促しているサインを伝えてきています。それにはどんなものがあるでしょうか?分かりやすいもの、分かりにくいもの様々です。しっかりとチェックして早く、お猫様に尽くしましょう!

748view

1. ゴロンしてお腹を見せる

ヘソ天する猫

お腹を見せながらゴロ〜ンする時は遊びを催促しています。この行動は猫同士でもする行動です。お腹を見せて「遊ぼ?」と誘っているのです。相手が気がつくまでじ〜っと凝視することも。

どこからか視線を感じて振り返ったら愛猫がゴロンしてこちらを見ていた、というのは猫あるあるです。おもちゃなどで遊んであげると喜びます。

また甘えている意味もあるようです。撫でてあげると良いでしょうがお腹を触って欲しいわけではないので注意しましょう。大抵の猫は嫌がります。下手をすると鋭い攻撃が飛んでくることも。顔付近を撫でた方が無難です。

2. 座ってじ〜っとみる

座っている猫

ご飯など要求がある時に座ってじ〜っと飼い主さんを凝視。ひたすら見ます。穴が空くほど。猫は野生時に獲物をじっと待つスタイルで狩りをするので中々我慢強いところがあります。

飼い主さんが応じてくれるまで側に座って無言の圧力を加えてくるでしょう。どちらが先に折れるか根比べになりそうです。というのは冗談で猫の要求は適度に叶えるようにしてあげましょう。

3. ニャーニャー鳴く

鳴いている猫

ニャーニャーと鳴く時はご飯や遊び、構って、ドアを開けろなどの要求がある時が多いです。飼い主さんに可愛い鳴き声で訴えることでいうことを聞いて貰おうという魂胆です。操り方を心得ています。

要求がある時に鳴くかどうかはその猫によります。筆者宅の猫たちはご飯の催促の時鳴くことが多いです。なぜ鳴いているのかを察するのは飼い主さんの役目。優秀な下僕になるにはすぐに聞き分けなければいけません。今何を求めているのか秒で理解するように訓練しましょう。

4. 前足でちょいちょい

猫の前足

撫でて欲しい時、飼い主さんの手などを前足でちょいちょいします。可愛いすぎる行動。これも飼い主さんの操り方をマスターした結果かもしれません。

あんなもふもふで小さな動物に前足ちょいちょいされたら、勝てるわけがないではありませんか。やられた時点でもう、こちらの負けなのです。もしちょいちょいを跳ね除けられる人がいたら、尊敬致します。

5. 乗ってくる

飼い主の上に座る猫

飼い主さんの体の上に乗ってくる猫は多いです。ふみふみさせろ、湯たんぽになれなどの催促だと考えられます。ふみふみとは前足を交互にグーパーして最上級に甘える仕草。母親の母乳を飲んでいる時に戻っているといわれています。

また飼い主さんの体の上に乗ることで暖を取ることも多々あります。どこに乗るかは猫次第。顔の上、胸、首、お腹など乗れるところはどこでも乗ります。乗られる側の気持ちは何も考えていません。重くて苦しい思いをすることはしばしば…。でもちょっと幸せを感じてしまうのも事実なのが悔しいです。

まとめ

レオ

猫は様々な形で飼い主さんに催促しています。その時は近くにすり寄ってくるのに用が済んだらぷいっとどこかへ行ってしまうので、感謝してくれているかは全くわかりません。それでも尽くしてしまうのが猫の飼い主さんというもの。あまり振り回されすぎないように催促に応じるのをコントロールしていきたいですね。

スポンサーリンク