猫がひたすらに見つめてくるその理由5つ

猫がひたすらに見つめてくるその理由5つ

ふと何かを感じて振り返ると猫に凝視されていることありませんか?「えっ!どうして見つめられてるんだろう?何かしたかな?」と気になってしまいます。なぜ猫はあのこぼれそうなビッグアイズで見つめてくるのか…。その理由をまとめてみました!

3401view

1. 要求がある

見上げる猫

ご飯や遊び、撫でなどの要求がある場合にひたすら、それはもうひたすらに見つめてくることがあります。飼い主さんの側にビタッとくっついて上目使いという姑息な手段を使ってどうにか自分の要求を飲ませようとします。

というのは少しいい過ぎですがじ〜っと見つめてくる時は何かして欲しいことが多いので、対応してあげてください。鳴き声をあげながら要求してくることもあるでしょう。

2. 何をしてるか気になってる

見つめる猫

飼い主さんが何かをしていてそれが気になって仕方がない可能性もあります。カサカサと音がしたり匂い的に興味があるのかもしれません。側に来て邪魔しにかかることもあるでしょう。猫はただ好奇心に従っているだけで、夢にも飼い主さんの邪魔をしているとは思っていないでしょうが。

環境の変化に弱いクセに好奇心は旺盛なので意外と新しいもの好きだったりもします。飼い主さんがオーダーした商品に興味を惹かれて、その様子を凝視することもあるでしょう。

3. 不満がある

不満がありそうな猫

不満がある時飼い主さんをだたひたすらに見つめてきます。「遊んで欲しいにゃ…」「お腹空いた〜」「構って!」など物足りなさを感じているよう。猫の不満げな視線を感じたら何が原因なのかを考えてみましょう。

猫の不満を全て満たす必要はありませんが、ストレスになってしまわないように注意は必要です。

4. 嫉妬心

物陰から見る猫

メラメラと猫の中で燃えたぎる嫉妬心。他の猫を構っていると少し遠くからひたすら見つめてくるかもしれません。我慢できなくなった時には飛びかかってくることも!

独占欲が強い猫に見られる光景です。多頭飼いの場合は必ず、平等に扱うようにしてあげましょう。公平にしていても嫉妬深い猫は飛びかかって来ますけどね。飼い主さんは猫1匹のものではないのに困ったものです。ですがこれも縄張りを守るためなので仕方ありません。

5. 警戒中

テレビに後ろから見つめる猫

猫が警戒している時もひたすら見つめます。「何?怖い…」と思っていると動きが止まって様子見に入るからです。「変なのある(もしくはいる)けどあやつは何者だ?」と危険がないかどうかを判断しているのです。

どこかに身を隠しながら見つめていることもあります。安全な場所からひたすら見て危なくないと思ったら、そのうち恐る恐る姿を表すのです。来客が来た時などはこんな感じかもしれません。

まとめ

モンチ

あの猫の大きな目で見つめられたらちょっとドキっとしてしまいます。でも意外と飼い主さんをじ〜っと観察していること多いです。猫の熱い視線にぜひ、気がついてあげてください。

スポンサーリンク