猫が迷惑と感じている『飼い主のバタバタ行動』5選!あなたは愛猫を困らせていませんか?

猫が迷惑と感じている『飼い主のバタバタ行動』5選!あなたは愛猫を困らせていませんか?

毎日の生活の中でどうしても余裕がなくなってしまうことがあると思います。バタバタしている様子の飼い主さんに猫は呆然とするばかりかもしれません。どんなことが迷惑になってしまうでしょうか。

1423view

1. 大きな音

驚いて固まる猫

飼い主さんがバタバタしていると大きな音を立ててしまうかもしれません。猫はそれにビクビクしてどこかに避難するでしょう。もしくは固まって怯えていることも。

忙しい時はどうしても猫のことにまで注意が向かないかもしれませんが気をつけてあげてください。大きな音は猫が苦手とするもの。ストレスを感じないように注意しなければいけません。

2. 睡眠が阻害される

あくびをする猫

飼い主さんの発するバタバタ音に、ぐっすり寝ていた猫は目を覚ましてしまうでしょう。「何事?」と寝ぼけまなこで辺りを見回します。睡眠時間のほとんどが浅い眠りなのですが数時間は熟睡しています。

深い眠りを邪魔されてしまうと睡眠不足になってしまうかも。猫がしっかりと眠れるようになるべくバタバタするのは避けましょう。

3. 居場所に困る

キャットタワーの上の猫

家の中をドタバタと駆け回る飼い主さんの様子を見て、居場所に困るかもしれません。猫がいる場所いる場所に走って来られては逃げ回るしかないのですから…。

落ち着いていられないと戸惑ってしまいます。賢い猫のことですからどこかに隠れてやり過ごすかもしれませんが、ストレスになってしまうと良くないのは確かです。

4. ストレスフル

怒り気味の猫

いつもと違う様子の飼い主さん。そして落ち着かない環境にストレスを感じても仕方ないでしょう。猫は人以上に繊細です。なので飼い主さんからすると大したことなくてもとてもストレスを感じている可能性があります。

短時間ならさほど問題はないでしょうが長時間に渡ってバタバタすると猫への良くない影響となります。毎日バタバタを続けているとそれはそれで慣れてしまうことも考えられますが。でもなるべくなら静かな環境にいさせてあげましょう。

5. 構ってもらえない

勉強する人を見る猫

飼い主さんが忙しそうにしていると構って貰えないのが猫にとっての迷惑に。「あぁ〜今撫でて欲しいのにな〜」と不満を抱えているかも。また猫に注意が向いていないことが気に入らないのでイライラする可能性もあります。そんな時は邪魔してくるかもしれません。

どうしても時間がない時は仕方ありませんが、少し余裕ができたらたくさん構ってあげましょう。

まとめ

舌を出す猫

飼い主さんがバタバタすることで猫が迷惑すること、なるべくしていかないようにしていきたいものです。とはいえ忙しい時はしょうがない!!そんな声も聞こえてきそうですので落ち着いた時に猫を気遣ってあげましょう。

スポンサーリンク