猫に愛情を伝えることができる撫で方5つ

猫に愛情を伝えることができる撫で方5つ

猫に愛情を伝えるのにスキンシップは欠かせません。スリスリしてくれるような猫なら、撫でてそれを伝えることができるはず。しかし、犬のような撫で方ではかえって嫌われてしまいます。猫を撫でるならこうやって!その方法を覚えておきましょう。

2112view

1.撫でる時は母猫が子猫を舐めるようなイメージで

三毛を舐めるキジトラ猫

猫は優しくゆっくり撫でられるのが大好き。イメージするところは、母猫が子猫を舐めている時の様子です。

人間の手は猫の舌と違ってザラザラしていませんが、代わりに子猫に対する母猫の舌に相当する大きさを持っています。もし人間が、母猫が子猫を舐めるのと同じようなイメージで猫を撫でることができるなら、猫に愛が伝わりやすいというわけです。

2.毛並みに沿って撫でる

頭を撫でられる白黒ハチワレ

毛並みに沿って、手のひらで優しく撫でます。間違っても毛を逆なでしないようにしましょう。喜ぶ場所は、次の2ヶ所です。

  • 背中(首元からしっぽに向かって)
  • 頭(目の間から後頭部に向かって)

頭は小さいので、指先で撫でてもいいですね。いずれの場合も、力を入れて押さえつけないよう撫でてあげましょう。猫の名前を呼びながら撫でると、互いの気持ちが和やかになって、気持ちがもっと伝わります。

3.指先でくすぐるように撫でる

両手でアゴを撫でられるアメリカンカール

ほっぺたからアゴの下にかけては、猫が1番喜ぶ部分です。ここの部分に指を当て、くすぐるように動かしてみましょう。

片手でもいいですし、両手ならなおOK。指をゆっくり動かしながら目を閉じ加減にして猫を見つめ、名前を呼びかけてみてください。猫はあなたが嬉しい気分であることを知り、もっとご機嫌になってくれるでしょう。

4.手のひらでトントンする

抱っこで撫でられるキジトラ

猫は背中を軽くトントン叩かれるのも大好きです。特に腰骨の辺りをトントンされると、お尻がどんどん上がっていきます。

この場合も「優しくそっと」が鉄則です。猫の身体は小さいので、軽く叩いているつもりでも刺激が強いかもしれません。しかし、上手に背中をトントンできれば猫が喜ぶだけでなく、全身のマッサージにもなってくれます。

5.撫でるのを避けた方がいいポイントを知る

額をくっつけ合う猫と女性

おとなの猫には、触ってほしくない場所があります。

  • お腹
  • 手足
  • しっぽ

などです。しかし、全部の猫がこの場所を嫌がるわけではありません。猫が本当に喜ぶのであれば、愛情込めて猫の好きな場所を撫でてあげましょう。

まとめ

虎(トラ)と景(カゲ)

飼い主なら、自分の猫に有り余る愛情を示したいものですね。実は、猫に愛を伝えるのに、おやつは必要ないのです。猫が気に入る場所を優しく丁寧になでるだけ。

それで大好きを伝えることができるのです。撫でて欲しいところは決まっています。撫でて大好きをたくさん伝え、猫ともっともっと仲良しになってくださいね。

スポンサーリンク