【かわいい】猫にOKな服とNGな服【ストレス?】

【かわいい】猫にOKな服とNGな服【ストレス?】

猫ちゃんに服を着せる飼い主さんも中にはいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時に着せても大丈夫な服と注意すべき服がありますので、把握しておきましょう。

396view

猫に服は着せてもいい?

猫に洋服を着せている飼い主の手

可愛らしい姿で魅了する猫ちゃんに、可愛い服を着させるともっと可愛くなるのでは?と考える飼い主さんは少なくないのではないでしょうか。様々な服がありますが、飼い主さんに気をつけていただきたいのは、中にはあまり着させるのに適さない服もあるという点です。

可愛いだけで選んでしまうと、猫ちゃんにとっても不都合が出てきますので、選ぶ際は慎重に選びましょう。ここではどのような服が大丈夫で、どのような服はダメなのかをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

細かな飾りのついた服

ひらひらのピンクのドレスを着た猫

どんなにかわいらしい服でも、細かな飾りのついた服はおすすめできません。というのも猫ちゃんが着ている間に自分で飾りを誤飲してしまう危険性や、走っているときに飾りが何かに引っかかってしまう可能性があるからです。逆にシンプルな服だと猫ちゃんにとって危険性が少ないといえます。

よく猫ちゃんの手術後の体を守るために作られた術後服は、特にシンプルに作られており猫ちゃんの動きを妨げないように工夫がなされています。いずれにしても猫ちゃんによって好き嫌いはありますので、じっくり観察しながら服は着させましょう。嫌がる子に無理やり着させてしまうのはよくありません。

サイズの合わない服

服を着て寝転ぶ猫

当然ながら、サイズの合わない服を着させることはNGです。このサイズというのは猫ちゃんに対して、ややゆとりのあるくらいのサイズがベストです。ぴったりめなサイズでは猫ちゃんにとって窮屈であり、動きづらさにもつながってしまいます。柔軟にうごかすことのできる猫ちゃんの運動神経についてこられる服がベストです。

いずれにしても猫ちゃんは毛づくろいをする生き物ですので、長時間着させることはあまりよくありません。飼い主さんがいるのを前提に、あまり長時間の着用は避けるようにしましょう。

あたたかい服

あたたかい服を着ているスフィンクス

スフィンクスやドンスコイなど、被毛の少ない猫ちゃんにとってあたたかい服を着ることは、寒さから身を守る手段にもなります。寒い冬の時期にはサイズの合うあたたかい服を着させてあげてもよいかもしれません。もちろん猫ちゃんの特性上ずっと着続けるのはよくありませんので、短時間ですませましょう。

まとめ

服を着た2匹の猫たち

猫ちゃんの服にはメリットとデメリットがあります。少しデメリットの方が多いので飼い主さんの監視の下、短時間だけで済ませてしまうことが良いのかもしれません。猫ちゃんの性格を見極めながら、適切な服を選んであげましょう。

スポンサーリンク