絶対NG!猫に与えてはいけないモノ5つ

絶対NG!猫に与えてはいけないモノ5つ

飼い主さんが生活で使う物の中には、猫にとって害になる品物がたくさんあります。下手をすると、命を奪ってしまうことになりかねないケースがあるのです。絶対に与えないように、注意していきましょう。

1363view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1. ヒモ

毛糸で遊ぶ猫

ヒモやヒモ状のものは、猫が誤飲すると大変なことになります。ヒモは腸に引っかかると取り出すのが難しいのです。腸に入ってしまうと手術を行っても除去できず、腸を切断するしかない場合があります。1匹の時ヒモで遊ばせるのは避けましょう。

猫の手が届く場所にある靴ヒモなども危険です。じゃれて遊んでいるうちに口に入れてしまい、飲み込んでしまうことが実際にあるのです。十分に気をつけましょう。

2. 人の食べ物

チキンを凝視する猫

人の食べ物は、絶対に猫には与えないようにしましょう。いくら食べたそうにしていてもです。なぜなら塩分が高すぎますし、害になる玉ねぎなどが入っていることがあるからです。最悪の場合、中毒症状を起こしてしまいます。

飼い主さんが与えなくても、猫が盗み食いする可能性が大いにあります。食事を準備している時は特に気をつけてください。テーブルやキッチンに出しっ放しにしておくのは危険です。目ざとく見つけた猫が食べてしまうかもしれません。特にお肉やお魚は狙われやすいので、しっかりとしまっておきましょう。

3. ビニール

ビニール袋に入る猫

ビニールが好きな猫は意外と多いです。ガサガサとした音や噛む感触を好みます。袋の中に入って遊んだり、バリバリと噛んだりして楽しんでいます。

ですが下手をすると絡まってしまいますし、窒息の危険性もあります。誤飲してしまう可能性もあるのです。猫にビニールは与えないように注意しましょう。

4. 小さなおもちゃ

猫のおもちゃ

たとえ猫用のおもちゃであっても、小さなものは危険です。飲み込んでしまうことがあるからです。なるべく飲み込めない大きさのおもちゃを与えるようにしましょう。

動物の毛が使ってあるおもちゃは、猫が獲物と勘違いして食べてしまうかもしれません。安全に遊べる大きさのおもちゃだけを与えるようにしましょう。

5. 小物

ヘアゴムを見る猫

輪ゴム、ヘアゴム、画鋲、アクセサリーなど飼い主さんが使っている小物類も危ないです。このような小さなものを猫は好んで遊ぶことがありますが、夢中になってじゃれているうちに口に入り、飲み込んでしまうかもしれません。

体内に溜まれば良いことにはならないのは確かです。場合によっては手術して取り出さなければいけませんので猫に多大な負担がかかります。

最も気をつけたいのがボタン電池です。ボタン電池の外側にアルカリ性の液体は短時間で消化管の壁に損傷を起こします。穴があくなどの大きな損傷を起こすと命にかかわります。絶対に猫が触れないようにしておきましょう。

まとめ

電気コードを噛む猫

家の中は安全だと思われがちですが、実は猫目線で見ると結構危険がいっぱいなのです。ご紹介した以外にも危ないと思われるものはしまっておくようにしてください。

飼い主さんの在宅中はまだ良いですが、留守中どんなことが起きるか分かりません。一度家の中を見回して、猫に危険な物がないか確認すると良いですね!

スポンサーリンク