猫が「はまり」がちな場所3つ

猫が「はまり」がちな場所3つ

つい猫ちゃんがスポッと入ってしまうはまりがちな場所ってありませんか。お気に入りのスポットなのか繰り返し入るのでぜひ注目してみて下さい。

464view

猫の好む場所

くっついて一緒に眠る3匹の子猫

家で飼われている猫ちゃんは心配がないのですが、野生の猫ちゃんは元々敵に襲われることを常に想定して、高い場所にいることを好みました。異変があればすぐに対応ができるような場所を好んで、滞在するようにしていたのです。

現在家で飼われている猫ちゃんも、野生の名残で警戒心はありますので、同じように基本的に高い場所を好むと言われています。具体的に家で飼われている猫ちゃんは、どのような場所を好むのかを調べてみました。

1. 窓際

窓辺から外を眺めている猫

室内で飼われている猫ちゃんは、外を見ることが好きな子が多いです。そのため窓際に待機して外を眺めることに時間を費やすのです。時間とともに変わる空の変化や風で揺れる葉っぱ、動く人や車の景色を見ることが好奇心を刺激するのです。

朝、飼い主さんがカーテンを開けてくれることを心待ちにしている子も多いです。ストレスの軽減にもつながりますので、ぜひ愛猫が窓を見ていたらそっとしてあげてください。

2. ふわふわな場所

毛布の上でくつろぐ子猫

猫ちゃんの柔らかい体は、固いコンクリートの上などに座っていても負担がかかりにくい構造になっています。それでもふわふわな場所を好んで座ります。多いのが、毛布の上やふわふわで柔らかい素材のタオルやクッションの上、カーペットの上などです。

このふわふわした感触が、子供の頃に寄り添った母猫の感触に近いために、その頃を思い出しつつ感触を楽しんでいるのです。甘えっこな性格の猫ちゃんが特に好み、満足げに座ってくれます。

3. 暗くて狭い場所

ダンボール箱の中から顔を出す猫

野生の時代の名残で、敵から簡単に身を隠せる暗くて狭い場所も好みます。家の中では例えばテーブルの下やキャットタワーに作られた小部屋や、猫ちゃん用のベッドなどもその特性を考慮したつくりとなっています。

静かにほっておいてほしいときに猫ちゃんはそっと入り込み、滞在しています。このような状態を見かけたら、飼い主さんもできるだけ静かにそっとしておいてあげましょう。

筆者の愛猫もなぜか夜19時~20時ぐらいにはリビングから離れて、単独で別の部屋に行きそのままお気に入りの棚の上に座り込みます。静かな時間を楽しんだあとにまたリビングに来て、遊ぼうと誘ってくれるようなルーティンがあります。それぞれの猫ちゃんの個体差で、お気に入りのスポットへ行く時間や種類が異なるのです。

まとめ

くーちゃん

猫ちゃんは自分で勝手にお気に入りのスポットを見つけて、自由に楽しみます。飼い主さんは危険なことがないように環境を整備してあげて、あとは猫ちゃんに好きな時間に楽しんでもらうようにしましょう。

スポンサーリンク