やってはいけない!猫と過ごすときの『NG行動』5つ

やってはいけない!猫と過ごすときの『NG行動』5つ

我々が普段、何気なくしていることの中には猫にとって危険なことがあります。今回は、愛猫の身の安全を優先するために控えてほしい行動やものについてご紹介いたします。

1702view

猫と楽しく過ごすために控えてほしいこと

拗ねる猫

人間にとって趣味や嗜好品は、心の支えとなり原動力にもなります。しかし、中には猫に害が及ぶものも存在します。ここで紹介する5つのものは猫にとって危険なものです。

1.アロマを使用する

アロマオイル

アロマオイルの豊かな香りは心を和ませてくれます。近年は犬用のアロマというアイテムも登場し、家族皆でリフレッシュしようという意識が高まっています。しかし、アロマは猫にとって有害です。特にエッセンシャルオイル(アロマの原液)は死に至るほど危険を伴います。

先ほど犬用について触れましたが、犬用は人間と犬双方にとって安全なものであり、猫はそこに該当しません。なぜかというと、肉食動物である猫の肝臓ではアロマオイルの成分を分解できずに蓄積させてしまうからです。

猫と暮らす場合は、残念ですがアロマの使用は控えましょう。

2.タバコを吸う

喫煙所

「タバコは百害あって一利なし」といいます。これは猫にとっても同様で、直接喫煙しないとしても煙による副流煙のリスクがあります。そもそも猫はタバコのにおいを嫌う傾向にあります。何故か猫に好かれないという悩みを抱えている方の中には、日常的にタバコを嗜んでいるが故ににおいで嫌われている可能性があります。

猫が大好きで、猫に好かれる人になりたいのであればタバコをやめることが一番でしょう。とはいえ簡単にはやめられないのもタバコの恐ろしさです。せめて喫煙するのであれば、分煙を徹底しましょう。猫が侵入しない部屋やベランダ、トイレなどを活用すると自ずと分煙が成立します。

3.香水をつける

香水

近頃は、香りの強い香水を身につける人は少なくなってきました。その代わりに香りの軽いボディミストを活用している方もいらっしゃるでしょう。

猫にとっては、香水もボディミストも香りが強くて不快なアイテムであることには変わりありません。猫は犬ほどではないものの、嗅覚が優れています。そして、中にはアロマ成分が含まれているものもあります。

猫と暮らす飼い主さんは、アロマオイルのように全面的に禁止ではないものの、使用方法については細心の注意が必要です。そして、猫に直接吹きかけることだけは絶対にやめましょう。

4.猫にとって害のある花を置かない

ユリの花

次に挙げる花は猫にとっては大変危険な植物です。頂いた場合は愛猫から遠ざけ、ご自身では購入しないように気をつけましょう。

  • ユリ及びユリ科の植物
  • ポインセチア
  • シクラメン

中でもユリ科の植物は絶対にNGです。花瓶の水を飲んだだけでも命を落とす危険性があります。猫と暮らす飼い主さんへの贈り物としても控えるように心がけましょう。

5.キシリトール含有のハンドクリームの使用

ハンドクリーム

キシリトールというとガムや歯磨き粉を想像するでしょう。ハンドクリームの成分にキシリトールが含まれているのは意外な気がします。それでも実際に存在します。キシリトールはうるおい成分としてハンドクリームに含有している場合があるのです。

猫がキシリトールを摂取すると「低血糖」や「甲状腺機能亢進症」を引き起こす可能性があります。だから猫と暮らす場合はキシリトールを含まないハンドクリームを選びましょう。

ちなみに、これはあくまでも猫にとって有害であるという警告です。猫と暮らしていない人が使用する場合や、特定の商品に対する批判ではありません。

まとめ

警戒する猫

人間と猫の体の構造は大きく異なります。これは、簡単にいうと人間は雑食で猫は肉食動物であるということです。両者の違いは、消化酵素や肝機能にも及びます。

猫にとって危険なものの多くは肝機能の違いによるもので、猫の肝臓では処理できないものなのです。これを踏まえて、猫にとって危険なものは控えるように心がけましょう。

スポンサーリンク