猫が「飼い主に嫌われた」と感じてしまう行為3つ

猫が「飼い主に嫌われた」と感じてしまう行為3つ

猫ちゃんと飼い主さんの関係は大切なものです。猫ちゃんに「嫌われた」と誤解させないようにするためにも、どのような行動が引っかかってしまうのかを調べてみました。

6009view

その行為はNG

いじけた猫

猫ちゃんも、日頃飼い主さんのことをしっかりと観察しております。その中で猫ちゃんに「嫌われた」と思われる行動をしていると、関係も悪化してしまいます。

いらぬ誤解をさせないようにするためにも、どのような行動が猫ちゃんにとってNG行為にあたるのかを知っておく必要があります。今回はこの点についてまとめてみましたので、分からない人はぜひチェックしてみて下さい。

1. しつこくしてしまう

見上げる猫

猫ちゃんが可愛いあまりにしつこく追いかけたり、構ってしまった経験はないでしょうか。猫ちゃんにとっては残念ながら「嫌われているからしつこくされている」と感じてしまい、逆効果です。

基本的に自由奔放な生き物ですので、猫ちゃんを飼い始めたばかりの人は、猫中心の生活を送る必要があります。それを無視して自分が撫でたいから、抱っこしたいからと優先して構ってしまうと、誤解されてしまう可能性があります。

猫ちゃんの気持ちに合わせてあげると、良い関係を築けるようになるでしょう。

2. 上から手を出す

人の手を怖がる猫

自分よりも何倍も大きい生き物(飼い主さん)に上から手を出されると、猫ちゃんにとっては恐怖の対象そのものになってしまいます。一度、猫ちゃんから見たビジョンを想像してみて下さい。

上から出される巨大な手はまるで、自分の頭をたたくために降ってきたように見えてしまいます。猫ちゃんを触るときは下からゆっくりと、優しく触ることを意識してあげて下さい。

このちょっとした工夫で、嫌われるリスクを大きく減らすことができます。

3. 2匹目に飼った猫ちゃんを可愛がる

子猫を可愛がる手

自分よりもあとに自分のテリトリーにやってきた猫ちゃんを、飼い主さんが無意識に可愛がってばかりいると先住猫は嫉妬します。その嫉妬のあまり「自分は飼い主さんに嫌われたのでは」とさびしく感じる可能性もあります。

繊細な猫ちゃんにとっては、大きなストレスにもなりかねません。多頭飼いの場合は基本的には先住猫を何でも優先してあげると、上手くいくことが多いです。先住猫に我慢を強いてしまわないように、飼い主さんが気遣ってあげましょう。

まとめ

なつめ

飼い主さんが普段何気なくやってしまう行為はなかったでしょうか。癖になって何度もやってしまうと、猫ちゃんにどんどん嫌われてしまいますので意識して控えるようにしましょう。

猫ちゃんは自分の居心地の良さを知ることで、飼い主さんとの関係を深めてくれます。そのためにも何がNG行為にあたるのかについての勉強は、日々深めていくと良いと思います。

スポンサーリンク