猫が飼い主に騙された!と思う瞬間5つ

猫が飼い主に騙された!と思う瞬間5つ

猫と暮らしていると、猫を騙さなければいけないシーンが出てきます。猫が嫌がることをしなければいけない時、そんな雰囲気になることは多いでしょう。でも猫はしっかりと、「騙された!」と思っているかもしれませんよ。

1701view

1. お風呂に入れられた

シャワーをされる猫

美味しそうなおやつに吊られて行ったら…お風呂に入れられてしまった!大抵の猫はお風呂を嫌がりますから、これには「騙された!!」と思うことでしょう。

何度も繰り返していると覚えて、そのうち騙されなくなってきますのでご注意を。猫がお風呂を好きになれるように、工夫して行きましょう。

2. 病院に連れて行かれた

エリザベスカラーを付けた猫

キャリーに入れられたかと思ったら、大嫌いな病院へ…。猫の健康を守るためには病院に行くのは仕方がないのですが、猫は「騙された」と思ってしまうでしょう。

キャリーに入ること自体を嫌がる場合も多いので、いつも生活の場に出しておくことをオススメします。するとキャリーは猫の中で、「病院に行く時に入るもの」ではなく「いつもそこにあるもの」になるので入ってくれやすくなります。

3. 爪を切られた

爪をカットされる猫

飼い主さんが優しく抱っこしてくれるのかと思いきや、爪をチョキチョキ…。爪切りを嫌う猫は多いので、騙されたと思うに違いありません。

爪切りの後にご褒美のおやつをあげると、良いイメージを持ってくれるでしょう。おやつの食べさせすぎは良くありませんが、上手に使って猫を爪切り好きにして行きましょう。

4. おやつっぽいものを見せられた

おやつっぽいものを見せられる猫

好きなおやつのパッケージに良く似たものを見せられたけど、本当はおやつじゃなかった….。飼い主さんにそんなイタズラをされる猫。かわいそうに「騙された!」と思うことでしょう。

あまり猫をおちょくると、そのうち大きなしっぺ返しがくるかもしれません。寝首をかかれないよう、ほどほどにしておきましょう。

5. 袋を開ける音がした

見上げて舌を出す猫

何かのパッケージを開ける音を、おやつだと勘違いしてすっ飛んでくる猫は多いです。飼い主さんが騙した訳ではなくても、おやつじゃなかったことに気がついて「騙された!」と思うかもしれません。

勝手に勘違いしたのは猫なのに、飛んだとばっちりです…。

まとめ

エネコ

猫は察しが良い動物なので、飼い主さんが騙そうと思っていると、きっと察してしまいます。猫をイタズラで騙すのは、避けた方が良いでしょう。ストレスを溜めると、猫にとって良くない結果に、なってしまいますから…。

スポンサーリンク